岡田製糖所

その他の食品

日本古来の製法で作られる阿波の和三盆糖

四国東部のごく限られた地域で生産される国産高級砂糖のひとつ「和三盆糖」。徳島県における草分けであり、昔ながらの職人による手作りを続けているのが、徳島県板野郡上板町にある岡田製糖所だ。

阿波和三盆糖のみで作られた型物(干菓子)が美しい 阿波和三盆糖のみで作られた型物(干菓子)が美しい

245年以上前に始まった岡田製糖所の砂糖作り

岡田製糖所のある板野郡上板町は、徳島県と香川県との県境にあたる阿讃山脈の南側に位置する。JR徳島駅からは、吉野川に架かる六条大橋と高瀬橋、どちらを渡るルートを選んでも、車で約40分もあれば到着するはずだ。日当たりこそ申し分ないものの、水はけが良すぎて稲作が難しかったこの地域で砂糖作りが始まったのは1776年(安永5)のこと。旅の修行僧から「九州のよく似た土地でサトウキビが栽培されている」と聞いた丸山徳弥(まるやまとくや)が、決死の覚悟で日向の国(現在の宮崎県)へ単身赴き、サトウキビの苗3本と砂糖の製法を持ち帰ったという。そして、のちに岡田製糖所の創始者となる岡田家の先祖、彦太郎(ひこたろう)と協力して「白下糖」と呼ばれる黒砂糖作りを開始。やがて白下糖を精製する技術が編み出され、そこからさらに阿波和三盆糖へと進化を遂げていくのだが、残念ながら和三盆糖がどのようにして生まれたのかはわからないそうだ。

阿波和三盆糖発祥の地であることを示す石碑が立つ 阿波和三盆糖発祥の地であることを示す石碑が立つ

かつて使用されていた砂糖作りの道具が展示されている かつて使用されていた砂糖作りの道具が展示されている

昔ながらの手仕事を守り続ける製糖所

かつては阿波藍(あわあい)と並び、全国に知られた特産物のひとつとなった阿波和三盆糖だが、戦後に海外から安価な砂糖が輸入されるにしたがって製造量は激減。材料となるサトウキビもほとんど栽培されなくなり、現在では阿波和三盆糖を作る製糖所は数軒が残るのみ。なかでも、昔ながらの伝統的な材料と手作業にこだわっているのは、ここ岡田製糖所だけである。創業以来、この地で阿波和三盆糖を作り続けてきた当主の屋敷は歴史を感じさせる茅葺き屋根。その向かい側、大きな木桶が置かれた製法場と呼ばれる砂糖を白くする作業場の横にあるのが売店だ。こちらでは粒子の細かい粉の阿波和三盆糖をはじめ、型に入れて固められた「型物(かたもの)」と呼ばれる干菓子、粉を振るいにかけたときに残る塊を天日で干した「霰(あられ)糖」などを販売。JR徳島駅前にある徳島駅前名店街(MEITEN-GAI)1階にも直営店として「岡田糖源郷」を出店しており、観光客を中心に人気を博している。

作業場や売店と同じ敷地内には茅葺き屋根の屋敷が建つ 作業場や売店と同じ敷地内には茅葺き屋根の屋敷が建つ

大きな木桶と庭木に挟まれた売店の入り口は白い暖簾が目印 大きな木桶と庭木に挟まれた売店の入り口は白い暖簾が目印

店内の壁には阿波和三盆糖作りの様子がパネルで展示されている 店内の壁には阿波和三盆糖作りの様子がパネルで展示されている

貴重な在来種を職人の技で阿波和三盆糖に

岡田製糖所の周辺には阿波和三盆糖の原料となるサトウキビ畑が点在している。台湾やキューバ、沖縄などで栽培されている一般的な品種よりも細く、背丈の短い在来種「竹糖(ちくとう)」は、今や徳島県と香川県の一部でしか栽培されていない。収穫は毎年11月下旬から12月にかけて。阿波和三盆糖の製造は冬の寒い時期に始まる。どの段階も重要だが、煮詰める工程で、仕上がりを確認する「炊き上げ」と、最初に白下糖から糖蜜分を抜く「荒がけ」後に行う「研ぎ」と呼ばれる工程は、特に熟練した職人の技が必要だ。「和三盆」という名前は「手水をつけて盆の上で三回練り上げる(研ぐ)こと」に由来するという。すべてを手仕事で行うからこそ、独特の上品な風味を持つ甘さと口溶けの良さが身上の阿波和三盆糖ができあがる。徳島で長年育まれた味を旅の思い出に加えてほしい。

阿波和三盆糖には欠かせない竹糖が収穫の時を待つ 阿波和三盆糖には欠かせない竹糖が収穫の時を待つ

スポット詳細

住所
徳島県板野郡上板町泉谷字原中筋12-1
電話番号
0886942020
時間
[平日]9:00-12:00/13:00-17:00

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          徳島市周辺エリアのおすすめスポット

          徳島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました