ウィルソン株

その他の自然地形

豊臣秀吉の命令により伐採された屋久杉の巨大な切り株

屋久島の標高1030m地点にあり、切り口の周囲は13.8mにもなる巨大切り株 屋久島の標高1030m地点にあり、切り口の周囲は13.8mにもなる巨大切り株

鹿児島県の大隅半島佐多岬から南方に約60kmの海上に位置する屋久島。屋久島の標高500m以上の山地に自生する、樹齢1000年以上の杉を屋久杉と呼ぶ。トレッキングの途中で見ることのできる切り口の周囲が13.8mという大きな屋久杉は、1586年(天生14)に豊臣秀吉の命令により、京都の方広寺大仏殿建立の建材として伐採された。大正時代にイギリス出身のプラントハンターであるアーネスト・ヘンリー・ウィルソンがこの巨株を調査し、1914年(大正3)西洋文化圏に紹介。そのため彼の名をとってウィルソン株と呼ばれるようになった。推定樹齢は3000年。内部はまるで洞窟のようで、自然の神秘を感じられる空間となっている。10畳程度の広さのある洞内には清らかな湧き水が流れ、小さな祠がある。自然の光と木々の緑が織りなす光景に心身ともに癒やされることだろう。

偶然にできたハートの形。写真を撮って待ち受けにすると恋愛運が上がるといわれている 偶然にできたハートの形。写真を撮って待ち受けにすると恋愛運が上がるといわれている

ウィルソン株は縄文杉へ登る途中、大株歩道入り口から約30分の場所にある ウィルソン株は縄文杉へ登る途中、大株歩道入り口から約30分の場所にある

洞窟内から天空を見上げると、高い杉の木の合間から漏れる太陽の光と空の青さが織りなす自然の神秘を肌で感じられる 洞窟内から天空を見上げると、高い杉の木の合間から漏れる太陽の光と空の青さが織りなす自然の神秘を肌で感じられる

スポット詳細

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町
電話番号
0997435900

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          種子島・屋久島エリアのおすすめスポット

          鹿児島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました