諏訪神社

神社

縁結びのご利益あり。2つの鳥居が並ぶ神社

諏訪神社は2つの鳥居が並列する全国的にも珍しい神社だ。鳥居が対になっているその姿から、近年は縁結びにご利益があるといわれ、カップルにも人気のパワースポットになっている。

信州の諏訪神社より分霊を勧請して創建された 信州の諏訪神社より分霊を勧請して創建された

縁結びのご利益があると人気の神社

鹿児島県南大隅町にある諏訪神社は、1495年(明応4)に建立され500年以上の歴史をもつ神社。2つの鳥居が横並びになっていることで知られるが、なぜこのようになったかには諸説ある。もともと諏訪神社には、上宮と下宮の2つの社があった。それぞれが鳥居を建てたが、のちに社が統合され、鳥居だけが2つ残されたとも考えられている。近年は対の鳥居が縁結びにご利益ありとされ、パワースポットとしても有名になった。場所は鹿児島空港から車で2時間10分、根占(ねじめ)港からは車で10分の距離にある。

並列鳥居だけでなく、本殿の構造も珍しい 並列鳥居だけでなく、本殿の構造も珍しい

諏訪神社の前に駐車場も完備している 諏訪神社の前に駐車場も完備している

左の鳥居から入って、右の鳥居から出る

諏訪神社に着いたら、鳥居の前でまずは1礼し、左の鳥居から入ろう。これは左の鳥居から入り、右の鳥居から出る習わしがあるためだ。特に縁結びのご利益を求める人はこれを守るようにしたい。鳥居の先に手水舎(てみずや)がある。一見普通の手水舎だが、真ん中に大きな丸い石があるのが特徴だ。柄杓(ひしゃく)で右手と左手に水をかけ、口をすすいで心身を清めよう。最後に水を入れた柄杓を立て、柄も水で流して清めることも忘れずに。

中央に丸い石がある手水舎は珍しい 中央に丸い石がある手水舎は珍しい

子どもの健やかな健康を祈り、よだれかけが奉納されている

手水舎で身と心を清めたら、社殿へ向かう。木々の緑を背景に、朱色の社殿がよく映える。社殿の中の壁には、子どもの名前の書かれたよだれかけが掛けられている。これは子どもの健やかな成長を願って人々が奉納したもの。諏訪神社には、縁結び以外にも夫婦円満・子宝のご利益もあるのだ。お参りを終えたら、御朱印をいただきたい人は社務所に寄って帰ろう。神社から出るときには、向かって左の鳥居(入る側から見て右側の鳥居)から出ることを忘れないように。

たくさんの人がよだれかけを奉納し、子どもの健やかな成長や安産を願っている たくさんの人がよだれかけを奉納し、子どもの健やかな成長や安産を願っている

諏訪神社のシンプルな御朱印 諏訪神社のシンプルな御朱印

時間があったら雄川の滝にも立ち寄ろう

諏訪神社から車を15分程度走らせると、絶景スポット「雄川の滝(おがわのたき)」がある。エメラルドグリーンの滝壺と幾何学模様の岸壁が特徴の滝だ。2018年(平成30)のNHK大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』のオープニングに登場したことで知名度が上がったが、かつては地元の人もあまり立ち寄らない、まさに「秘境」にあった。また、諏訪神社から車で30分ほど北上すると、日本最大級のバラ園である「かのやばら園」もある。園内には3万5000株のバラが植えられており、特に見頃を迎える春と秋には、いっせいに咲き誇るバラを見ることができる。

スポット詳細

住所
鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南5076
エリア
大隈エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          大隈エリアのおすすめスポット

          鹿児島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました