三隈川鵜飼

イベント

「日本三大鵜飼」のひとつに数えられる県の無形民俗文化財

「水の郷」と呼ばれる日田で、ぜひ体験したいのが三隈川で行われる鵜飼鑑賞だ。岐阜県岐阜市、愛媛県大洲市と並んで「日本三大鵜飼」と呼ばれ、大分県の無形民俗文化財の指定も受けている。屋形船に乗って江戸時代から続く風情ある川遊びを楽しもう。

かがり火が美しい日田の鵜飼 かがり火が美しい日田の鵜飼

歴史ある日田の鵜飼

日田の鵜飼が始まったのは約400年前。当時、日田の代官だった宮木長次郎が、鵜飼文化で知られる岐阜・長良川から4人の鵜匠を招いて、鵜飼をさせたことから始まったとされる。もともと鵜飼は飼いならした鵜を用いて鮎などの川魚を獲る伝統漁法で、江戸時代にはそれを屋形船から見物する現在の観光鵜飼のスタイルができたという。鵜は魚を丸飲みすることから、魚に傷をつけることはなく、鵜がそのまま飲み込んでしまわないように、のどを麻ひもで縛っておき、タイミングを見てのど元をつかんで魚を吐き出させる。魚は鵜ののどの強い圧力で失神するので、状態のいい魚が獲れるというわけだ。鵜匠と鵜の見事な連携プレーをじっくり鑑賞しよう。

屋形船からこんなに近くで鵜飼を見ることができる 屋形船からこんなに近くで鵜飼を見ることができる

さまざまなプランが用意されている

日田の鵜飼は川幅の広い三隈川で行われる。提灯をつけた何艘もの屋形船が浮かび、鵜飼の船がかがり火に照らされる様子は幻想的で風情たっぷりだ。屋形船の予約は日田温泉旅館や日田市観光協会で受け付けており、宿泊プランに組み込まれているものや屋形船と食事、浴衣がセットになっているものなど、さまざまなプランが用意されている。基本は貸切だが乗り合い船もあるので気軽に申し込める。

多くの屋形船が行き交う 多くの屋形船が行き交う

冬期はやっていないので注意したい

日田の鵜飼のシーズンは毎年5月20日から10月31日。また、5月下旬にはアユの解禁に合わせて、日田最大の祭り「日田川開き観光祭」が行われる。花火の打ち上げもあるので、鵜飼見学とともに楽しもう。また、9月の中秋の名月の季節には「観月会」も催される。何度訪れても飽きることなく、さまざまな楽しみを見つけることができるだろう。

屋形船から見る花火は迫力満点! 屋形船から見る花火は迫力満点!

屋形船に近づく鵜飼の船 屋形船に近づく鵜飼の船

食事をしながら鵜飼を見学 食事をしながら鵜飼を見学

鵜飼も温泉も楽しめる場所「日田」

水資源に恵まれた日田は鵜飼だけでなく、温泉でも有名な場所だ。鵜飼見学に訪れたなら、ぜひ温泉にも立ち寄ってみよう。単純泉で疲労回復の紅葉があるといわれている。日田市内には温泉旅館もあるため、日帰りだけでなく、宿泊するのもおすすめだ。

川沿いには旅館もあり、便利だ 川沿いには旅館もあり、便利だ

スポット詳細

住所
大分県日田市高瀬
エリア
日田エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          日田エリアのおすすめスポット

          大分のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました