武雄温泉楼門

温泉旅館

竜宮城を思わせる武雄温泉のシンボル

100年以上、武雄の街と訪れる温泉客を見守ってきた門} 100年以上、武雄の街と訪れる温泉客を見守ってきた門

武雄温泉の顔といえる朱塗りの楼門は、1915年(大正4)に完成し、2005年(平成17)に国の重要文化財に指定された。竜宮城を思わせる外観は、訪れる人を美人の湯へと誘っているよう。天平式楼門と呼ばれ、釘が1本も使われていない建築物だ。門の設計は東京駅の設計者でもある辰野金吾。楼門の2階には、東西南北を表す十二支の子、卯、午、酉のレリーフがある。実は東京駅の丸の内駅舎の天井にも十二支のレリーフがあったが、なぜか8つと長年の疑問であった。楼門で4つのレリーフが見つかったことにより、東京と武雄を合わせて十二支がそろった。これは辰野金吾の遊び心によるものといわれている。火曜を除く毎朝開催される見学会では、十二支のレリーフを見ることができる。楼門をくぐった奥には、同じく辰野金吾が設計し、1915年(大正4)に完成した「武雄温泉新館」がある。かつては大衆浴場だったが休館。2003年(平成15)に創建時の姿に復元され、その2年後に国の重要文化財に指定された。現在は武雄温泉の資料館となっている。

楼門を設計した辰野金吾は佐賀県唐津市出身} 楼門を設計した辰野金吾は佐賀県唐津市出身

歴史情緒のある格子天井も見逃せない} 歴史情緒のある格子天井も見逃せない

ライトアップを目当てに夜の散策もおすすめ} ライトアップを目当てに夜の散策もおすすめ

スポット詳細

住所
佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425 map map 地図
エリア
武雄エリア
電話番号
0954232001

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 武雄温泉のシンボル
    4.0 投稿日 : 2023.12.26
    武雄温泉のシンボルです。楼門を入ると元湯があり、地元の方も多く来られています。一番奥に楼門と同じ感じの建物があり、中が史料館になっています。どちらも辰野金吾先生の設計によるものです。
  • 武雄温泉の入り口に立つ朱塗りの楼門
    4.0 投稿日 : 2023.06.10
    国道から武雄温泉に向かっていくと、突き当りに楼門が見えてきます。道路の延長線上に建っているので、楼門手前で右に曲がっていて、そのすぐ先が駐車場でした。 武雄温泉の入口に立つ、楼門は一階部分が真っ白で、二階部分は鮮やかな朱色で、手の込んだ装飾も施されていました。 東京駅を設計した辰野金吾の設計で、大正4年4月12日に完成した建物なんだそうです。
  • 竜宮城を彷彿させるデザイン
    4.0 投稿日 : 2023.05.27
    武雄温泉のシンボル的な建築物が、楼門です。武雄市は佐賀県の内陸部に位置していますが、竜宮城を連想させるデザインです。鮮やかな色彩と形を持つこの建物は、天平式楼門と呼ばれ、釘を一本も使っていないそうです。 東京駅や日本銀行本店を設計した辰野金吾の設計で、大正4年に完成しました。「なぜ東京駅などを設計した人が武雄の建築物を設計したんだろう」と思って調べてみると、辰野金吾は、佐賀県の出身でした。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました