古湯温泉

温泉/温泉浴場

昔から地元の人々に親しまれてきたぬるめの湯

佐賀県の奥座敷・古湯温泉は温度がぬるめの「ぬる湯」として知られ、とろみのあるアルカリ性のお湯が体の芯から温めてくれると評判。英龍温泉はそんな古湯温泉にある、昭和レトロな雰囲気を残す大衆浴場だ。

時代を感じさせる英龍温泉の建物。入り口では地元野菜や果物の販売も行われている 時代を感じさせる英龍温泉の建物。入り口では地元野菜や果物の販売も行われている

2000年もの歴史がある古湯温泉

古湯温泉はおよそ2000年もの歴史があるとされる温泉。秦の始皇帝の時代、不老不死の霊薬を探すように命じられた方士・徐福は、現在の佐賀市辺りに上陸。湯の神のお告げを聞いて、岩の間から湧き出す湯を見つけたのが古湯温泉の始まりといわれる。江戸時代に大地震の影響で湧出が止まったが、1791年(寛政3)、以前の浴室に使われていた木材を掘り返したところ、その場所から湯が湧き出したため、改めて浴室が造られたという逸話も残っている。

地元の人も観光客も一緒に湯に浸かる 地元の人も観光客も一緒に湯に浸かる

佐賀の奥座敷としても有名

古湯温泉はJR佐賀駅から車で約30分、佐賀大和ICからは車で約15分のロケーションにある。標高200mに位置し、佐賀市内にありながら豊かな自然に囲まれた静かな場所としても知られている。落ち着いた環境を求めて多くの文化人が湯治に訪れていたという記録も残る。歌人・斎藤茂吉は古湯温泉滞在中に38首もの短歌を残しており、温泉街には茂吉の歌碑も立てられている。

英龍温泉には家族風呂も完備 英龍温泉には家族風呂も完備

湯治場としても人気の高い古湯温泉

古湯温泉は、1966年(昭和41)には当時の厚生省から国民保養温泉地の指定を受けている。約38℃というぬるめの温度とぬるぬるした肌触りの湯は「ぬる湯」と呼ばれ、長時間入ってものぼせることがなく体の芯から温まることができる。泉質は「アルカリ性単純温泉」で肌への刺激も少なく、クセがないのが特徴。入浴だけでなく飲用もされており、地元の人はペットボトル持参で訪れる。

石けん、シャンプー、リンスも用意されている 石けん、シャンプー、リンスも用意されている

2つの源泉を堪能できる英龍温泉

古湯温泉には大衆浴場の「英龍温泉」がある。英龍泉と徐福泉という2つの源泉をもつ浴場だ。館内には貸切風呂もあるので、家族連れで訪れるのもいい。無料駐車場も30台分あり、ドライブの途中に寄ることもできる。タオルやバスタオルも販売されているため、手ぶらで行くことも可能。温泉を楽しんだあとは建物内のレストランでひと休みするのもいい。7つある部屋で宿泊も可能。時間が許すかぎりゆっくり楽しみたい。

スポット詳細

住所
佐賀県佐賀市富士町大字古湯他
電話番号
0952518126

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          佐賀市周辺エリアのおすすめスポット

          佐賀のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました