福岡城(国史跡)

城/城址

福岡52万石の城のたたずまいを今に伝える国の指定史跡

国指定の史跡で、別名「舞鶴城」とも呼ばれている福岡城跡。「日本100名城」のひとつでもあり、重要文化財に指定されている多聞櫓(たもんやぐら)や、福岡の街を一望できる天守台、石垣など、福岡の歴史を感じさせるスポットだ。

街なかに、江戸時代の姿をとどめる福岡城跡 街なかに、江戸時代の姿をとどめる福岡城跡

江戸時代の繁栄をしのばせる城跡

地下鉄赤坂駅、大濠公園駅から歩いて約8分。「史跡 福岡城跡」という碑が現れ、そこから、なだらかな石段を登っていくと、400年前をしのばせる圧巻の石垣や櫓(やぐら)が現れる。福岡城は、関ヶ原の戦いで戦功を上げ、豊前国中津12万石から筑前国福岡52万石に移封された初代福岡藩主・黒田長政がみずから設計し、1601年(慶長6)から7年がかりで築城。鶴の羽ばたく姿に似ていることから、別名は「舞鶴城」。当時は、大中小の各天守台と47の櫓があったといわれ、現在でも天守台をはじめ、本丸、二の丸、三の丸と城郭全体の姿を残し、48万平方メートルという日本有数の規模を誇る国指定史跡だ。

人の手で積み上げられたとは思えないほどきれいに積まれた石垣 人の手で積み上げられたとは思えないほどきれいに積まれた石垣

重要文化財・多聞櫓は必見

多くの歴史的建物が移築や復元を繰り返して来たなか、南丸にある多聞櫓は、永年の風雪に耐え、江戸時代の姿を残している貴重な建物のひとつ。国の重要文化財としても指定されている。二層の隅櫓(すみやぐら)とそれに連なる三十三間の平穭があり、高く積み上げられた石垣を土台に築かれ、敵が侵入してきた際に、防御のために石を落として攻撃できるよう「石落(いしおとし)」が備えられている。春の夜に訪れるのもおすすめだ。櫓と美しい桜がライトアップされ、幻想的な雰囲気が楽しめる。ほかにも、県の建造物に指定されている(伝)潮見櫓((でん)しおみやぐら)や下之橋御門、旧母里太兵衛邸長屋門(きゅうもりたへえていながやもん)が保存されている。北側の堀の石垣は一部埋め立てられていたが、地下鉄工事の際に発見され、一部を保存、公開されている。

春には桜が満開で、お花見スポットとして多くの人々が訪れる 春には桜が満開で、お花見スポットとして多くの人々が訪れる

幻の天守閣と福岡の由来

福岡城の中枢であった本丸から、道幅も狭く、急な石段が続く鉄御門跡を抜けると、いよいよ天守台にたどり着く。ここは、福岡の街並みを360度見渡せるビュースポットとしても人気の場所だ。これまで福岡城に天守閣は建設されなかったとされていたが、天守閣の存在をうかがわせる文献が発見されて以降は、天守閣は建設されたものの、のちに取り壊されたという説が有力視されている。ちなみに福岡城が造られた頃、この辺りは博多に対して福崎と呼ばれていたが、藩主黒田家の祖先の出身が備前福岡(岡山県)であったことから福岡と改め、城の名も福岡城と名づけられた。それ以来、那珂川を境に東側が商人の町博多、西側が武家の町福岡、として発展してきたが、明治時代に入り市政施行の際に市の名前が福岡、駅名が博多となったといわれている。

福岡城跡からは都市部の街並みを眺められる 福岡城跡からは都市部の街並みを眺められる

スマホで福岡城のVRを見てみよう

福岡城をより身近に体感したい人は、鴻臚館(こうろかん)広場の前にある「福岡城むかし探訪館」がおすすめ。古地図や再現模型の展示のほか、昔の福岡城をCGで再現したバーチャルムービーは圧巻の迫力だ。登城記念の御城印や100名城スタンプも手に入る。また城内では、スマートフォンアプリを使って、VRで再現された城郭や映像解説を見ることができる。

城内に設置された看板を順に追っていくと、黒田官兵衛と長政父子がたどった人生を物語のように楽しめる 城内に設置された看板を順に追っていくと、黒田官兵衛と長政父子がたどった人生を物語のように楽しめる

さまざまな場所にある門をくぐると、まるでタイムスリップしたような気持ちになる さまざまな場所にある門をくぐると、まるでタイムスリップしたような気持ちになる

歴史を復習して時代背景などを想像しながら歩くと、新しい発見があるかも? 歴史を復習して時代背景などを想像しながら歩くと、新しい発見があるかも?

スポット詳細

住所
福岡県福岡市中央区城内

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          大濠公園・百道エリアのおすすめスポット

          福岡のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました