博多駅前

待ち合わせスポット

九州最大の駅! 陸の玄関口はビューポイントの新名所

九州の玄関口である博多駅。JRや地下鉄、バスターミナルの集結する駅はアクセスが集中しているため、観光客にも使い勝手の良い駅だ。併設の駅ビルも趣向を凝らした造りで、旅の集大成にぜひ立ち寄ってもらいたい。

平成駅舎として誕生した博多駅 平成駅舎として誕生した博多駅

1日の利用者は23万人超えの巨大ステーション

九州最大規模を誇る博多駅は、1日の利用者もマンモス級。2020年度(令和2)のJR博多駅の1日あたりの乗車人員だけでも87,674名だ。これだけ大規模な駅となると複雑な構内を思い浮かべてしまうが、博多駅は観光客にもわかりやすい構造をしているのが特徴だ。移動の際は、JR利用者は南北方面の高架へ、地下鉄利用者は東西方面の地下と覚えておくと良い。どの改札も広々としており、案内板もわかりやすい。博多駅からは佐賀や長崎、大分、熊本、宮崎など九州全域への移動が可能だ。九州新幹線や特急列車も発着しているので利便性も良い。また駅ビルには「博多バスターミナル」が併設しているため、各所へのアクセスは博多駅で完結するといっても過言ではない。

わかりやすい構内の案内板 わかりやすい構内の案内板

博多バスターミナルの入り口にある、SLの車輪を組み込んだスケルトンのエスカレーターと大画面は待ち合わせの定番スポットになっている 博多バスターミナルの入り口にある、SLの車輪を組み込んだスケルトンのエスカレーターと大画面は待ち合わせの定番スポットになっている

JR九州の前身「九州鉄道」時代からある九州最古の駅

博多駅の誕生は、文明開化期までさかのぼる。九州初の鉄道路線「九州鉄道」の開業により、1889年(明治22)12月に博多駅-千歳川仮停車場が開通。当時、博多駅は現在の出来町公園付近にあり、ここには「九州鉄道発祥の地」の記念碑が建てられている。現在の位置に移転したのは昭和に入ってから。1975年(昭和50)には、山陽新幹線が博多駅まで延伸。さらに1983(昭和58)年には地下鉄が開業し、利用客はみるみる増加していく。1992年(平成4)に大規模な構内コンコースのリニューアルを行い、そのデザインは日本の建築家である有馬裕之が手がけた。のちに福岡市都市景観賞を受賞する。

博多駅コンコースのデザインにも注目 博多駅コンコースのデザインにも注目

駅舎「JR博多シティ」では博多市内を一望

博多駅博多口にある駅ビル「JR博多シティ」。JR博多シティは地上10階、地下3階の建物で、地下1-3階までは各ホームと連結している。利便性抜群の同施設だが、注目してもらいたいのは屋上にある庭園「つばめの杜ひろば」だ。四季をテーマにした地上60mの庭園には、季節ごとにさまざまな草花が植えられており、癒やしスポットとしてもおすすめ。いちばんの目玉は屋上から広がる眺望で、近くに福岡空港があることから高いビルがなく、晴れていれば博多湾や能古島を一望できる。屋上にはほかにも、鉄道神社やミニSL、1909年(明治42)開業の2代目駅舎の柱などもあり、鉄道好きにはぜひ訪れてもらいたいスポットだ。鉄道神社へ続く約50mの参道には、旅の安全、良縁祈願など、それぞれに意味をもつ鳥居があり、くぐるとご利益があるとされている。

子どもが走り回れる広場や乗り物がある庭園「つばめの杜ひろば」 子どもが走り回れる広場や乗り物がある庭園「つばめの杜ひろば」

鉄道神社に立つたくさんの鳥居をくぐってみよう 鉄道神社に立つたくさんの鳥居をくぐってみよう

九州全域を走る数々の特急列車

2011年(平成23)、九州新幹線鹿児島ルートの全線開業にともない、九州旅行の玄関口となった博多駅。九州最大のターミナル駅とあって、ここでしかじっくり見ることのできない列車も多い。九州を走っている特急列車はどれも重厚感がありスタイリッシュなので、ホームから車体を見るだけでも楽しめる。特におすすめなのは、周遊型寝台列車の「ななつ星in九州」だ。「大人の空間」をテーマにした車両はまさに豪華絢爛。ぜいたくな九州旅行を楽しみたいという方はぜひ。博多駅には「ななつ星in九州」専用のラウンジも設けられているので、乗車前から特別感を味わえるのもうれしいポイント。ほかにも九州の大地をイメージした「ゆふいんの森」は、ほかの特急列車とは雰囲気が異なる。木のぬくもりとモダンなインテリアが特徴の車体には湯布院の魅力が凝縮。車内販売されている駅弁も格別なので、乗車時には購入してもらいたい。

九州一を誇る巨大ステーション 九州一を誇る巨大ステーション

スポット詳細

住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          博多中心部エリアのおすすめスポット

          福岡のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました