真宮島

干潮時の前後3時間だけ現れる奇跡の海の道

古事記にも登場する瀬戸内海の周防大島の沖に、不思議な現象の起きる小島「真宮島」が浮かんでいる。干潮の前後3時間のみ、歩いて渡れる道が海の中から現れるのだ。七夕伝説のような「繋がり」をイメージする恋愛成就のパワースポットとして、若い恋人たちもよく訪れる。

干潮時に現れた島への砂州 干潮時に現れた島への砂州

神話の島、周防大島にある神秘的なスポット

山口県の最東端に浮かぶ周防大島(屋代島)。瀬戸内海では淡路島、小豆島に次いで3番目に大きな島で、1976年(昭和51)に対岸の柳井市との間に架けられた大島大橋により、陸路で気軽に行くことができる。古事記の国生み神話でイザナミが生んだ島のひとつとされ、パワーを感じる由緒ある島だ。島の形は大島大橋のある西側に向かって泳ぐオタマジャクシのようで、そのちょうどしっぽの付け根にあたる辺りに「道の駅サザンセトとうわ」がある。美しい海を見ながら食事や買い物が楽しめる施設だが、このすぐ100mほどの沖にお椀をかぶせたような小島が浮かんでいる。これが真宮島。干潮になると島へと続く道が海中から現れる神秘的な現象が起こる。

道の駅サザンセトとうわのすぐそば 道の駅サザンセトとうわのすぐそば

瀬戸内海に面した真宮島の海は透き通るエメラルドブルー!

このように陸地と島を連結する砂州を「トンボロ」と呼び、海中の障害物に砂が堆積することによって形成される。瀬戸内海では小豆島の「エンジェルロード」と呼ばれるトンボロのスポットが有名だが、陸路だけで行けるということから真宮島も人気が高まってきている。この砂州を歩いて渡れるのは、干潮時刻の前後3時間だけ。時刻を確かめ、潮の引きの加減を見ながら待つ必要があるが、なにしろ本島側は道の駅なのだから退屈する心配はない。ゆるやかなカーブを描いた砂利道は、満潮時にはあっという間に海の底に沈んでしまうので、取り残されないようくれぐれも注意。

エメラルドブルーの美しい瀬戸内海を堪能しよう エメラルドブルーの美しい瀬戸内海を堪能しよう

恋愛成就のパワースポットとしても人気

限られた時間しか海の中から現れないという真宮島の道は、七夕の天の川の織姫と彦星を連想させるため、恋愛成就のパワースポットとして人気となっている。週末には仲良しのカップルや意中の人を想う男女で賑わいを見せる。島へ渡った記念に海辺の石を使って石積みアートを残してくる人もいる。トンボロが現れるまでは、道の駅サザンセトとうわでのんびりと店内を散策したり、テイクアウトフードを味わったりして時間が来るのを待とう。施設内の観光案内所では潮の干満時間を教えてもらえるし、次の観光スポットをリサーチしておくこともできる。

周防大島にはたくさんの観光スポットがある 周防大島にはたくさんの観光スポットがある

ゆるやかなカーブを描く真宮島への道 ゆるやかなカーブを描く真宮島への道

吸い込まれそうな透明感のある海 吸い込まれそうな透明感のある海

スポット詳細

住所
山口県大島郡周防大島町西方
電話番号
0820722134

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          萩・大島エリアのおすすめスポット

          山口のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました