大原美術館 本館

美術館

児島虎次郎が欧州で収集した珠玉の作品を核にした西洋美術

本館前に立つのはロダンのブロンズ像《カレーの市民-ジャン・デール》(右)} 本館前に立つのはロダンのブロンズ像《カレーの市民-ジャン・デール》(右)

入り口でロダンのブロンズ像《カレーの市民-ジャン・デール》と《洗礼者ヨハネ》が出迎えてくれるのが日本初の西洋美術中心の私立美術館らしい。大原美術館の「本館」は、まず児島虎次郎が欧州で収集した作品と、虎次郎自身の作品の展示のために開館した。建物の設計は薬師寺主計(やくしじかずえ)。モネ、マティス、ルノワール、ピサロ、ボナールらそうそうたる巨匠たちの作品が有名だが、虎次郎はこうした印象派などの画家たちが反発した官展の作品も収集した。そのバランス感覚にも注目したい。エル・グレコの《受胎告知》は印象派よりかなり以前の作品だが、虎次郎の強い願いで購入した重要な作品。この作品のみ展示した空間を設けている。戦後収集した印象派以降から現代の作品は、増設された展示室に並ぶ。どの作品も、国内外の美術展への出品要請が相次ぐ傑作ぞろいだ。大原美術館は、原田マハの小説『楽園のカンヴァス』に重要な舞台として登場しているのも興味深い。

児島虎次郎《和服を着たベルギーの少女》(左)やシャヴァンヌ《幻想》(右)が並ぶ本館1室} 児島虎次郎《和服を着たベルギーの少女》(左)やシャヴァンヌ《幻想》(右)が並ぶ本館1室

右手前からゴーギャン《かぐわしき大地》、ボナール《欄干の猫》、モネ《睡蓮》などため息が出そうになる名画が展示されている} 右手前からゴーギャン《かぐわしき大地》、ボナール《欄干の猫》、モネ《睡蓮》などため息が出そうになる名画が展示されている

ブールデルの彫刻作品が展示された開放的なアトリウム} ブールデルの彫刻作品が展示された開放的なアトリウム

スポット詳細

住所
岡山県倉敷市中央1-1-15 大原美術館敷地内 map map 地図
電話番号
0864220005
時間
[3月-11月]9:00-17:00(最終入館16:30)
[12月-2月]9:00-15:00(最終入館14:30)
休業日
月(祝日および振替休日の場合は開館)、他以下日程
[2023年]12/26-12/29
[2024年]1/9-2/16、4/16-4/22、9/24-9/27、12/24-12/27
※7月下旬-8月は休館日なし
※やむを得ず臨時休館する場合がございます
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、QUICPay、iD、WAON、楽天Edy、PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】3,001-5,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました