出雲大社 神楽殿

神社

日本一の大きさを誇る大注連縄の迫力がすごい!

この注連縄は島根県飯南町の人々が作って奉納したものだそう この注連縄は島根県飯南町の人々が作って奉納したものだそう

祭典や祈願、結婚式などが行われる神楽殿は1981年(昭和56)に規模を拡張して建て替えられた。神楽殿の前庭には、高さ47mの国旗掲揚塔がそびえ、75畳(縦8.7m、横13.6m)と日本一の大きさといわれる国旗が掲揚されているのに目を奪われるだろう。次いで正面に飾られた大注連縄(おおしめなわ)にも驚かされる。長さ13.6m、重さ5.2tと大注連縄も日本一の大きさを誇っている。神楽殿は本来、千家国造家(出雲大社宮司家)の大広間として使われており、明治に入ってから神殿としても使われるようになった。大広間は270畳もあり、神社建築には珍しく正面破風の装飾にステンドグラスが使われている。旧正月を祝う「福神祭」などが行われる。

胴回り9mある注連縄に圧倒される 胴回り9mある注連縄に圧倒される

大人数で神楽を奉納できるよう設計された建物に合わせ、注連縄も大きくなった 大人数で神楽を奉納できるよう設計された建物に合わせ、注連縄も大きくなった

スポット詳細

住所
島根県出雲市大社町杵築東195 出雲大社内
電話番号
0853533100

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          出雲大社周辺エリアのおすすめスポット

          島根のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました