御本殿

神社

『古事記』に登場する大国主大神を祀る

平成の遷宮で、大屋根は約64万枚の檜皮が葺き替えられた 平成の遷宮で、大屋根は約64万枚の檜皮が葺き替えられた

主神の大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祀る御本殿は1744年(延享元)に再建され、高さ24mの堂々たる姿をしている。切り妻、妻入りの構造で、平面は9本の柱が田の字に配置された正方形の間取り。これは大社造と呼ばれる日本最古の神社建築様式で、1952年(昭和27)に国宝に指定されている。平安時代の書物には当時の本殿を、東大寺大仏殿を上回る日本一の高層建築とあり、高さは48mとされていたが、実在は疑問視されていた。しかし、2000年(平成12)に境内から本殿を支えた束ね柱の「心御柱(しんのみはしら)」と「宇豆柱(うづばしら)」と見られる巨大柱が発掘された。1248年(宝治2)造営の大社本殿跡とみられ、本殿がかつては高層建築であったことの現実味が増した。鎌倉-室町時代の平面図では、本殿の階段は長さ109mだったとも記されている。現在の御本殿は瑞垣に囲まれ近寄れないので、八足門でお参りする。

瑞垣の中には入れないので御本殿は外側から見ることになるが、それでも圧倒的な存在感がある 瑞垣の中には入れないので御本殿は外側から見ることになるが、それでも圧倒的な存在感がある

御本殿は八足門の奥。手前にある丸い石畳は巨木3本を束ねた柱が発掘された場所 御本殿は八足門の奥。手前にある丸い石畳は巨木3本を束ねた柱が発掘された場所

スポット詳細

住所
島根県出雲市大社町杵築東195 出雲大社内
電話番号
0853533100

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          出雲大社周辺エリアのおすすめスポット

          島根のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました