一心寺

寺院

「お骨佛」で知られる先祖供養の寺。「大坂冬の陣」家康の陣地にも

納骨堂に奉安される1987年(昭和62)以降に作られたお骨佛 納骨堂に奉安される1987年(昭和62)以降に作られたお骨佛

Osaka Metro谷町線・四天王寺前夕陽ケ丘駅から徒歩約10分。各線天王寺駅から徒歩約15分。四天王寺の少し西にある高台に建つ一心寺。大通りからゆるやかな坂を上がると、古代インドの様式を用いたユニークな山門と仁王像が出迎える。まずは大本堂で参拝を。「お骨佛のお寺」として知られる一心寺は、先祖供養の参拝者で連日賑わっている。お参りが済んだら、左手奥の納骨堂と骨佛堂を訪れたい。お堂には、遺骨で作られたお骨佛が奉安される。1887年(明治20)より作られ始めたお骨佛は、戦争で焼失した破片を合わせて作り直した1体とその後10年に1度造立した7体で、今では8体を祀っている。新しいものは白く、古いものはロウソクや線香のススで黒くなっているのが見てわかる。また、大本堂の右手にある「日想殿」では、太陽の明るさから極楽浄土をイメージするおつとめ「日想観」が行われる。四天王寺の西門より西は極楽だといわれていた昔、四天王寺を訪れていた法然上人が夕陽を見ながら念仏を唱えたことが始まりだ。そのことがきっかけで1185年(文治元)に法然上人が一心寺を創建した。境内を回ったら、隣接する茶臼山のふもとにあり、大坂の陣について紹介する「一心寺存牟堂」も合わせて訪れたい。茶臼山は大坂の陣の合戦の場となり、一心寺も大坂冬の陣では家康の陣が置かれた。

境内の中央に建つ大本堂 境内の中央に建つ大本堂

手前が骨佛堂、奥が納骨堂 手前が骨佛堂、奥が納骨堂

一心寺存牟堂にある大坂の陣の映像シアター 一心寺存牟堂にある大坂の陣の映像シアター

スポット詳細

住所
大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69
電話番号
0667710444

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          天王寺・新世界エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました