正寿院

寺院

ハートの窓に誘われて、遠くてもわざわざ訪ねたい山寺

お茶の里、宇治田原の山あいにたたずむ正壽院は、「インスタ映え」する寺院の草分け的存在として知られており、「猪目(いのめ)窓」や「天井画」をひと目見ようと訪れる参拝客があとを絶たない。その魅力を紐解いてみよう。

桜、新緑、紅葉、雪、四季折々の表情を見せる猪目窓 桜、新緑、紅葉、雪、四季折々の表情を見せる猪目窓

地域を見守ってきた2体の仏像

宇治からは車で約30分。山肌を茶畑が覆う里山に、地域のお寺といった面持ちで現れるのが正壽院だ。創建は約800年前という。本尊の十一面観音は、50年に一度だけその厨子が開く秘仏。次の御開帳は2040年になる。

本尊の十一面観音が祀られている本堂。不動明王は写真を展示 本尊の十一面観音が祀られている本堂。不動明王は写真を展示

そして、忘れてはならないのが、怒りの表情をあらわにする「木造不動明王坐像」。今は奈良国立博物館に寄託されているが、その経緯がおもしろい。十一面観音像の文化財調査の際、かたわらに安置されていた不動明王像が「快慶」作だと判明し国の重要文化財に。ところが、真言宗では大きな炎で供物を焚き上げる護摩焚きを行う。焼失の恐れがあるため、文化財保護の観点から仏像を預けることにしたそうだ。

カラフルな花天井の原点を本堂で発見

本堂で注目したいのが、約300年前の江戸時代に描かれた内陣の天井画。格天井には、蓮の花と仏を表す梵字が見受けられる。この絵は全部で88枚あり、曼荼羅を構成している。しかしながら、300年もの間、参拝者からしたためられた願い事が成就できるようにと護摩焚きを続けていると、絵に煤(すす)が付き黒くなってくる。これを現代風によみがえらせたのが、客殿の天井画なのだ。

本堂内陣の天井画。内陣の外からのぞき見る 本堂内陣の天井画。内陣の外からのぞき見る

客殿は建築・絵画・庭のコラボ空間

本堂をあとにし、道路を挟んだ客殿へ足を踏み入れると、正面に見えるのは猪目窓。約1400年前から、ハート形は寺院や神社で建築装飾として、「猪目」という名で使用されてきた。これには災いを除き、福を招く意味が込められている。また、8月20日-9月20日の晴れた日の夕方16時頃には、窓から差し込む陽光がきれいなハート形の影を映す。

我や時間を忘れる則天去私にちなみ「則天の間」とも呼ばれる客殿 我や時間を忘れる則天去私にちなみ「則天の間」とも呼ばれる客殿

視線を上に移すと、花をメインに日本の風物の描かれた天井画が広がる。これが、本堂の天井画を現代に復興した作品だ。日本を代表する書家をはじめ、90名の絵師の協力で描かれた。四隅には、京都の東西南北を護る聖獣を配置。そのそばには、舞妓さんの姿も見える。

色鮮やかな客殿の天井画。寝転んで鑑賞するのもOK 色鮮やかな客殿の天井画。寝転んで鑑賞するのもOK

季節を感じる「風鈴まつり」と御朱印

正壽院は「京都の風鈴寺」と呼ばれることも。例年7月から9月にかけて、境内を飾る約2000個の風鈴が、風に揺られて涼やかな音を響かせる。職人手作りの江戸風鈴が使われており、縁をわざとギザギザにカットすることで、この深みのある響きが生み出される。また、この音の聞こえる範囲は、災いが起こらない聖域と考えられており、境内だけでなく空や山、このコミュニティー全体を護っているようだ。

正壽院の風物詩といえば「風鈴まつり」 正壽院の風物詩といえば「風鈴まつり」

そして、イマドキの社寺巡りの楽しみのひとつは、やはり御朱印。季節の花や風物が描かれたものをはじめ、最近ではちぎり絵のものも登場。イラストのあるものは書置きが増えてきた今、朱印帖に直書きをしてもらえるという意味でも貴重な存在になる。2021年(令和3)秋には襖絵も新調され、見どころがさらに増える正壽院。小鳥のさえずりだけが聞こえる静かな非日常の空間で、写経や写仏などの修行体験をしながら、ゆったりと時を過ごしたい。

時節によってイラストが替わる御朱印 時節によってイラストが替わる御朱印

スポット詳細

住所
京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
電話番号
0774883601

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 商売上手な人気スポット
    5.0 投稿日:2022.03.31
    高野山真言宗 慈眼山「正寿院」は、717年に建立された医王教寺の塔頭寺院として建立されたと言われ、創建年は約800年ほど前と伝わっています。慶長年間に祐胤大徳が再興された記録が残っており、「不動明王坐像」は鎌倉時代初期 快慶の作で、国の重要文化財に指定されています。夏には、千を超える風鈴が境内を埋めつくす「風鈴まつり」が行われ風鈴寺としても著名なお寺です。u2028また、別棟の客殿にしつらえたハート型の...
  • 上手にご商売やってはります
    4.0 投稿日:2020.12.09
    車でないと行けないロケーション。Instagramがなかったら一生行くことがなかったかもしれません。Instagram映えスポットが境内に点在しているので、女の子にはウケると思います。
  • ハート型の窓
    4.0 投稿日:2020.09.24
    茶畑に囲まれた山の中にあるお寺です。宇治から車で行くとトンネルが二個あり右のほうに行くと五分くらいで着きます。アクセスはよくないですが、参拝者は十人ほどいました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          城陽・八幡エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました