平安神宮神苑

庭園

文豪の小説にも綴られた国の名勝庭園を巡る

東神苑の栖鳳池を縁どるしだれ桜 東神苑の栖鳳池を縁どるしだれ桜

明治時代の造園家・7代目小川治兵衛が作庭した神苑は、春の桜をはじめ四季折々の花が咲き継ぐ池泉回遊式庭園。南神苑、西神苑、中神苑、東神苑の4つの庭が社殿を取り囲むように広がり、面積は約3万3000平方メートルを誇る。『源氏物語』や『伊勢物語』など古典文学に登場する草木約180種を植栽する南神苑は、川端康成『古都』や谷崎潤一郎『細雪』にも描かれた八重紅しだれ桜の名所。日本最古の電車も屋外保存されている。つづく西神苑は、白虎池のほとりを彩る花菖蒲で名高い。杜若や睡蓮が美しい中神苑は、豊臣秀吉の造営による三条大橋と五条大橋の橋脚をリサイクルした飛び石「臥龍橋(がりょうきょう)」も見どころ。春には紅しだれ桜の薄紅色に染まる東神苑は、栖鳳池に架かる泰平閣(橋殿)からの優美な眺めも必見。苑内の池の水は琵琶湖疏水から引き入れており、失われつつある琵琶湖の生態系が見られることから「ミニ琵琶湖」の異名をもつ。

南神苑に咲き誇る紅八重しだれ桜は思わず息をのむ美しさ 南神苑に咲き誇る紅八重しだれ桜は思わず息をのむ美しさ

中神苑の蒼龍池に敷かれた臥龍橋は龍が臥す姿を表現 中神苑の蒼龍池に敷かれた臥龍橋は龍が臥す姿を表現

東神苑の栖鳳池と泰平閣(橋殿)。泰平閣内のベンチに座って眺めを楽しめる 東神苑の栖鳳池と泰平閣(橋殿)。泰平閣内のベンチに座って眺めを楽しめる

スポット詳細

住所
京都府京都市左京区岡崎西天王町97
電話番号
0757610221

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          岡崎周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました