ヤンマーミュージアム

博物館/科学館

見て、触れて、体験して学べるチャレンジミュージアム

農業、建設機械や小型船舶などの製造販売を手がける「ヤンマー」による体験型ミュージアム。多彩なコンテンツにチャレンジできるほか、レストランやショップも併設しており、子どもから大人まで一日中楽しめる人気スポットだ。

建物前には工業デザイナーの奥山清行氏がデザインしたプレジャーボートが} 建物前には工業デザイナーの奥山清行氏がデザインしたプレジャーボートが

ミュージアム外観も見どころの宝庫

JR北陸本線の長浜駅から北国街道を南に向かって歩くこと約10分。土・日曜、祝日に訪れるなら、長浜駅西口から運行している予約不要の無料シャトルバスを活用するのもいい。到着したら最初に見ておきたいのは、最先端プレジャーボートの屋外展示や太陽光発電のガラス製パネルを庇にするなど環境面に配慮した建物。水盤を飾るガラス細工アートは「ヤンマー」の社名のもととなったオニヤンマを表現している。建物上部の社名入り看板が黒色なのは、同じく長浜エリアのシンボル「黒壁ガラス館」にちなんでいるといい、入館前から見どころ満載だ。

まずは「わくわく!チャレンジシアター」へ} まずは「わくわく!チャレンジシアター」へ

さまざまなコンテンツにチャレンジ

ミュージアムは創業100周年の記念事業として誕生、2019年(令和元)にアートディレクター・佐藤可士和氏の監修により「チャレンジ」をテーマにリニューアルした。受付で1人1枚カードをもらって、「わくわく!チャレンジシアター」へ入室。創業者である山岡孫吉氏の生い立ちから、ディーゼルエンジンと出合って世界初の小型化を実現、事業成功への道を切り開いていくまでの軌跡をプロジェクションマッピングで鑑賞できる。ナビゲーション役はヤンマーのキャラクター「ヤン坊」と「マー坊」。親しみやすいアニメーションと、長浜市の声の観光大使を務める著名な声優のナレーションにより次第にストーリーに引き込まれていく。終了後、スクリーンの中央がゆっくりと左右に開き、「チャレンジエリア」への入り口が現れる。

2階の吹き抜けから1階「チャレンジエリア」を見渡す} 2階の吹き抜けから1階「チャレンジエリア」を見渡す

チャレンジエリアで体を使って遊び、学ぶ

「チャレンジエリア」は、ヤンマーの事業フィールドである「大地」「海」「都市」の3つのテーマで構成されている。たとえば、「サステナブルエナジークライミング」は、高層ビルをイメージした高さ6mのオブジェの壁面でボルダリングに挑戦。成功すればビル全体に光が灯る仕掛けだ。オブジェ内部には本物のパワーショベルがあり、操縦体験ができる。プレジャーボートを操縦して画面でウェイクサーフィンを体験したり、リズムに合わせて体を動かしながらディーゼルエンジンの仕組みを体感したり、最新テクノロジーを採用したさまざまなコンテンツにチャレンジできる。点数がポイントとしてたまり、ショップやレストランで割引となる特典もうれしい。

プレジャーボートの操縦体験ができる「ウェイクサーフィンボートレース」} プレジャーボートの操縦体験ができる「ウェイクサーフィンボートレース」

ビオトープや足湯、ショップやレストランも

2階には、ヤンマーの歴史や事業を紹介するパネルや歴代のエンジンが展示されている。昔の琵琶湖の原風景を再現した「屋根の上のビオトープ」には、メダカやドジョウ、トンボが生息。館内で発生した熱を活用した足湯「おにやんまの湯」もあり、ほっとひと息つける。1階レストランとミュージアムショップも必見だ。レストラン「Premium Marche BIWAKO(ぷれみあむまるしぇびわこ)」の看板メニューは、滋賀県産無農薬コシヒカリで作るおむすび。玄米をその日提供するぶんだけヤンマー製の精米機で精米し、ガス釜でふっくらと艶やかに炊き上げるので、格別の味わいだ。ミュージアムショップは、ヤン坊マー坊をあしらったオリジナルの和洋菓子やグッズが充実しており、お土産やプレゼントを選ぶのに目移りする品ぞろえとなっている。

2階の展示エリアで小型化されたディーゼルエンジンの実物が見られる} 2階の展示エリアで小型化されたディーゼルエンジンの実物が見られる

「屋根の上のビオトープ」と足湯「おにやんまの湯」} 「屋根の上のビオトープ」と足湯「おにやんまの湯」

「2むすび1さいセット」900円。おむすびの具は6種から選べる} 「2むすび1さいセット」900円。おむすびの具は6種から選べる

スポット詳細

住所
滋賀県長浜市三和町6-50 map map 地図
電話番号
0749628887
時間
10:00-17:30(受付9:45-16:30)
休業日
月(祝日や振替休日の場合は翌平日)、年末年始
料金
[入館料]一般900円、小中学生500円、未就学児無料
駐車場
あり(40台)
Wi-Fi
あり
喫煙
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 大人でも予想以上に楽しめました☆彡
    4.0 投稿日 : 2021.12.11
    長浜の観光時に初めて訪れました。入館時は最初に、定時制のオープニングシアターを観ます。その後、アトラクションなどのある展示フロアに行きます。ミュージアムという名称ですが体験型アトラクションが約7〜8割を占め、ヤンマーや創業者である山岡孫吉氏の歴史や事業に関する展示は少なかったです。ではアトラクションの多い展示内容で、大の大人が1人行って楽しめるのか?と問われると、私はYESと答えます。私は歴史...
  • 子供向けのアトラクションが多い
    4.0 投稿日 : 2021.11.04
    この辺がヤンマー発祥の地ということで、どんな歴史があるのか行ってみました。どちらかというと子供向けのアトラクションが多くて、お年寄りが楽しめるものは少ないです。磁気カードをもらって、いろんなアトラクションをこなすとポイントが溜まって順位がディスプレイに出てきます。我々が入ったあとに子どもたちの団体がきて賑わっていました。
  • 子供にはいい。しかしヤン坊マー坊のグッズが売っていないのはどういうこと!!!
    4.0 投稿日 : 2021.03.22
    昭和世代です。あの天気予報で育ちました。ヤン坊マー坊グッズが買えるはず!と、ここの存在を知ってすぐ予約。ミュージアムショップでは・・・瓦煎餅と何故かレジャーシート(とガチャガチャ)だけ・・・ショック・・・しかし子供は大喜び。ゲーム感覚で楽しめる施設でした。しかしほんとグッズが悲しい・・・

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました