宮ヶ瀬ダム

ダム

首都圏最大級のダムは周辺も楽しめる観光エリア

丹沢山地の東に位置する宮ヶ瀬湖一帯は県内有数の景勝地。中心となるのが圧倒的な威容を誇る宮ヶ瀬ダムだ。豊かな自然に恵まれ、湖を囲む3つのエリアには公園、資料館や商店街などの観光施設も充実。都心からの小旅行にも最適だ。

宮ヶ瀬湖と宮ヶ瀬ダム 宮ヶ瀬湖と宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムの概要と役割

神奈川県の中央を流れる相模川。上流の支流である中津川を堰き止めて誕生したのが、宮ヶ瀬ダムだ。2001年(平成13)に完成した。高さ156m、長さ375m、200万㎥の体積を擁する、重力式コンクリートダムだ。おもな役割は、横浜市を含めた県内16市5町への水道水の供給。ほかにも、台風や大雨による水害への備え、川に生息する動植物に適した水量の調整、水を放流して電気を作る水力発電の役目も担っている。宮ヶ瀬ダムと下にある石小屋ダムの2つの発電所で一般家庭2万1000世帯分の電気がまかなうことができる。

展望塔から巨大ダムの堤体と下を流れる中津川を見下ろせる。ダムの高さは東京タワーのほぼ半分 展望塔から巨大ダムの堤体と下を流れる中津川を見下ろせる。ダムの高さは東京タワーのほぼ半分

宮ヶ瀬ダムの楽しみ方

ダムの大きさを実感するには視点を変えて見学したい。まずダムの上にある展望塔から堤体を見下ろしてみよう。コンクリートの急傾斜と下を流れる川の深さに恐怖感を覚えるかも。快晴時には展望塔から横浜のランドマークタワーも見える。ダムの下へは建設時に運搬用として稼働したインクラインが運行している。高低差121m、距離216m、最大傾斜35度を実感しながら約4分間で山麓駅に到着だ。下から見上げるダムは、覆いかぶさってくるような迫力がある。ここからひと足延ばせば、迷路や花壇、資料館や工芸館などの施設が集まる「あいかわ公園」もあり、観光シーズンにはかわいいロードトレインがダムと公園を結んで走っている。

現在は観光用になっているインクライン。ダムの大きさや角度を体感できる 現在は観光用になっているインクライン。ダムの大きさや角度を体感できる

再びダムの天端(ダムのいちばん高い部分)へ

インクライン以外にもダムの上下を無料のエレベーターが運行している。コンクリートの中に造られたもので、高低差121mをわずか1分で結ぶ。上に着いたら、南側に建つ「宮ヶ瀬ダム 水とエネルギー館」に寄ってみよう。ダムや水資源、エネルギーの重要性などを紹介するほか、相模川の模型の堰を動かして取水の仕組みも学べる、体験型のミュージアムでもある。同館1階にはレイクサイドカフェがあり、食事にもひと休みにもいい。宮ヶ瀬ダムでは「観光放流」も行われている。4-11月の毎週水曜、第2日曜、第2と第4金曜で1日2回、6分間湖水が轟音とともに流れ、大迫力だ。その量1秒間に30㎥。晴れた日には虹も現れる。

ダムの天端は開放されていて、湖と丹沢が一望できる ダムの天端は開放されていて、湖と丹沢が一望できる

「宮ヶ瀬ダム 水とエネルギー館」ではダムができるまでの過程をビデオで放映している 「宮ヶ瀬ダム 水とエネルギー館」ではダムができるまでの過程をビデオで放映している

スポット詳細

住所
神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬ほか
エリア
県央エリア
電話番号
0462883600

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          県央エリアのおすすめスポット

          神奈川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました