羽田イノベーションシティ

複合施設/商業施設

先端技術とビジネス、エンターテインメントのコンプレックス

羽田空港を見渡せる天空橋に開業した複合施設で、研究開発拠点、水素ステーション、会議場、オフィス、レストラン、ホテル、ギャラリー、ライブホール、癒やしエリアなど、さまざまな分野から構成されている。

コンプレックスは大きく6つの建物に分かれ、それらを結ぶコリドーが広々としている コンプレックスは大きく6つの建物に分かれ、それらを結ぶコリドーが広々としている

日本の玄関口に最先端の技術が集う

"通称""HICity(エイチ・アイ・シティ)""は、旧羽田空港跡地の再開発エリアに生まれた、未来の街を思わせる施設。京急線・ 東京モノレール天空橋駅に直結し、日本の空の玄関口である羽田空港第3ターミナルまでわずか1.2kmの近さだ。2021年(令和3)秋現在、株式会社デンソーの自動運転の研究開発やテストを行うモビリティセンター、自動運転のバス走行、ものづくり大田区の技術をお披露目するプラットフォームなどが機能しており、HICityは現在も成長を続けている。今後、最先端の医療研究センターなども入居する予定で、最終的な完成は2023年(令和5)を目指している。"

次世代のエネルギーとして期待される水素燃料を供給するイワタニの水素ステーションがある。駐車場はナンバープレート読み取り式で精算も簡単 次世代のエネルギーとして期待される水素燃料を供給するイワタニの水素ステーションがある。駐車場はナンバープレート読み取り式で精算も簡単

最先端技術のひとつが自動運転。敷地内のルートを1周8分で走る。誰でも乗ることが可能だ 最先端技術のひとつが自動運転。敷地内のルートを1周8分で走る。誰でも乗ることが可能だ

ビジネスに便利な施設がいろいろ

多くの人の集まる空港へ近いだけに、利便性の高いものがあるのも特徴だ。展示会やコンベンションなどを開催でき最大620人収容可能な多機能ホール「コングレスクエア羽田」、全国の信用金庫や取引先、地方公共団体や大学など地域を越えたつながりをつくる「よい仕事おこしプラザ」、取引先の販路拡大や技術提携をサポートしてくれる「さわやか信用金庫ビジネスマッチングセンター」。ほかにもコワーキングスペース、レセプションやパーティにも使える屋外型スペース、短時間のミーティングが可能な部屋などもある。一角を占める「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」には大浴場もあり、仕事のあとのリラックスに最適だ。

1階には無人の観光案内所もある。タッチスクリーンで大田区の名所などを案内してくれる 1階には無人の観光案内所もある。タッチスクリーンで大田区の名所などを案内してくれる

開放感あふれるHICityで羽田空港を眺める

HICityには、地元名物羽付き餃子の中国料理店や全国の味を楽しめるレストラン、カフェ、ダイニングバー、ホビーの店、コンビニのほかにも、戦闘機のシミュレーター「LUXURY FLIGHT」、国内だけでなく東南アジアにも展開するコンサートホールの「Zepp」、仮想世界と現実世界をミックスした体験のできる「羽田出島」などのエンターテインメント施設も入っている。屋外にテーブルやチェアも多く、気候のいい日には外でミーティングをするビジネスマンの姿もある。HICityで忘れてはならないのがゾーンE3屋上の「足湯スカイデッキ」。足湯をしながら羽田空港が見ることができ、とても平和的な雰囲気だ。

羽田空港全体を眺めるベストスポットが「足湯スカイデッキ」。空港とは逆側には駐機場もあり、世界の旅客機を見られる 羽田空港全体を眺めるベストスポットが「足湯スカイデッキ」。空港とは逆側には駐機場もあり、世界の旅客機を見られる

ジャングルジムのように子どもが遊べるアート作品のあるアーティストビレッジ。芝生の広場前にはピザや谷中ビールを扱うキッチンカーも出る ジャングルジムのように子どもが遊べるアート作品のあるアーティストビレッジ。芝生の広場前にはピザや谷中ビールを扱うキッチンカーも出る

スポット詳細

住所
東京都大田区羽田空港1-1-4

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          品川・羽田空港エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました