福島県迎賓館

歴史的建造物

猪苗代湖を見下ろす伝統的日本家屋の皇族別邸

自然石などをそのまま生かしたという庭園。四季折々の表情を見せるが、紅葉の時期は格別だ 自然石などをそのまま生かしたという庭園。四季折々の表情を見せるが、紅葉の時期は格別だ

近くにある天鏡閣の離れとして1922年(大正11)に建てられた高松宮家の別邸。有栖川宮から天鏡閣を継承した高松宮宣仁(のぶひと)親王が、有栖川宮威仁親王妃慰子(やすこ)殿下の静養のために造らせたものだ。天鏡閣は洋館だが、こちらは皇族の別邸としては珍しい純和風。檜を主体に超一流の技で建てられ、欄間、釘隠し、襖の引手など細部にいたるまでデザイン性が高く洗練された造りとなっている。建築史の面からも貴重なもので、「旧高松宮翁島(おきなしま)別邸」として国の重要文化財に指定されている。慰子妃は加賀藩主の4女として金沢城で生まれた。日本画や書道にも秀で、英語、フランス語も堪能で聡明な女性だったと伝えられる。慰子妃がここに滞在していたのは3か月ほどで、翌年59歳で薨去。これにより有栖川宮家は絶えた。現在は福島県が所有し5ー10月のみ庭園が公開されている。また、期間限定で邸内が公開されることもある(要予約)。

入り口に立つ茅葺きの長屋門。湖畔の長浜から徒歩10分ほど。天鏡閣より一段低い位置にある 入り口に立つ茅葺きの長屋門。湖畔の長浜から徒歩10分ほど。天鏡閣より一段低い位置にある

木造・銅板葺きの居間棟、玄関棟、台所棟の3棟が廊下でつながっている 木造・銅板葺きの居間棟、玄関棟、台所棟の3棟が廊下でつながっている

東屋からは猪苗代湖が一望の下。唯一の島である翁島も遠望できる 東屋からは猪苗代湖が一望の下。唯一の島である翁島も遠望できる

スポット詳細

住所
福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字畑田1072-4

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          磐梯高原・猪苗代エリアのおすすめスポット

          福島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました