桜風亭

観光馬車/人力車

地元車夫による観光ガイド付き人力車で優雅に武家屋敷通りを散策

上級武士が暮らした内町を中心に、武家屋敷通りを目線の高い人力車に乗りながら散策できる観光サービス。知られざる歴史秘話など、車夫のガイドを楽しみながら観光できる。

樺細工伝承館向かいで待機している角館の人力車。予約すれば冬場も乗車可能 樺細工伝承館向かいで待機している角館の人力車。予約すれば冬場も乗車可能

観光ガイド付きで観光客に大人気

武家屋敷通りの観光エリアは半径約700mにわたって広がっている。角館が秋田を代表する観光地として知られ始め、海外からの観光客も増え始めたことをきっかけのひとつとして1996年(平成8)頃に、より満足度の高い観光コンテンツを提供しようと観光ガイド付きの人力車をスタートさせた。サービスの開始以降、特に長期休暇や土・日曜は連日予約や待機客でいっぱいとなる人気ぶりで、現在は3つの団体が運営している。料金やサービスはどの団体もほぼ同じだが、車を曳いてくれる車夫の個性やガイドはそれぞれ。

桧木内(ひのきない)川沿いの市営駐車場近くに待機している「桜風亭」。記念写真を撮影するサービスも 桧木内(ひのきない)川沿いの市営駐車場近くに待機している「桜風亭」。記念写真を撮影するサービスも

人力車それぞれが屋根付き。寒い季節には膝掛けも用意してくれる 人力車それぞれが屋根付き。寒い季節には膝掛けも用意してくれる

身長2mほどの視点で武家屋敷通りを巡る

角館エリアの人力車の待機場は数カ所あり、車での移動の場合は、桧木内川沿いにある市営駐車場から徒歩2分の甘味処「くら吉」前が便利。JR角館駅から徒歩で武家屋敷通りに行く場合は、樺細工伝承館向かい広場の乗り場がおすすめだ。料金は3つの団体共通で、15分コースが1台3000円、30分コースが1台5000円で、よりていねいに武家屋敷通り全体を巡る60分コースが1台9000円となっている。1台には2名まで乗車できて、未就学児であれば膝の上に抱えて一緒に乗ることができる。足台を使って人力車に乗り込んでみると、身長2mの人と同じくらいの目線になり、徒歩では見えなかった屋敷の黒板塀の内側まで見通せる。

注目ポイントで立ち止まりながら見どころを説明。車夫との会話も楽しみのひとつ 注目ポイントで立ち止まりながら見どころを説明。車夫との会話も楽しみのひとつ

武家屋敷通りは「人力車優先」が暗黙のルール。車も団体ツアーガイドも道を優先してくれる 武家屋敷通りは「人力車優先」が暗黙のルール。車も団体ツアーガイドも道を優先してくれる

歴史秘話も教えてくれる地元の車夫

人力車を曳く車夫はほとんどが地元出身のため、一般的な観光案内のほかにも知られざる観光情報も教えてくれる。たとえば今や角館名物である「シダレザクラ」の秘話。シダレザクラは全国の武家屋敷ではほとんど見られないが、角館で数多く見られるのは、佐竹北家(さたけきたけ)2代目の義明(よしあき)の正室が京都からお輿入れのときに持参した3本の苗木からといわれている、といったエピソードだ。パンフレット片手に通りを歩くだけでは得られない、貴重な知識と優雅な体験をできるため、利用者にはリピーターが多い。外町のたてつ家内に近い「外町史料館」では、アンティーク着物の着付けも行っているので、レトロな着物姿で人力車に乗るのもおすすめだ。

車輪が大きいために走行が安定。ほとんど揺れを感じないほどスムーズに移動する 車輪が大きいために走行が安定。ほとんど揺れを感じないほどスムーズに移動する

時間内であれば車夫おすすめの買い物スポットへの案内もしてくれる。 時間内であれば車夫おすすめの買い物スポットへの案内もしてくれる。

スポット詳細

住所
秋田県仙北市角館町小人町
電話番号
09029942722

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          角館・田沢湖・乳頭エリアのおすすめスポット

          秋田のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました