宮城蔵王キツネ村

動物園

キツネたちの自然な姿に癒やされる

蔵王山麓の白石側にある宮城蔵王キツネ村は、豊かな自然のなか、そのロケーションを生かして造られたキツネたちの動物園。放し飼いのキツネたちを見られる珍しさが評判を呼び、今では外国人観光客も大勢やってくる人気スポットになっている。

敷地内に入るとすぐにたくさんのキツネたちに会える 敷地内に入るとすぐにたくさんのキツネたちに会える

蔵王山麓にあるキツネ放し飼いの動物園

東北自動車道白石ICから車を走らせること約20分、山の中にある宮城蔵王キツネ村(みやぎざおうきつねむら)に着く。駐車場は3つあり、750台もの車両が停められるほど広い。宮城蔵王キツネ村の入り口にはなぜか巨大なゴリラ像があり、よく目立つ。その横の階段を通り受付へ。初めて来園する人は、キツネと接するときの注意事項についてスタッフから説明がある。その後いよいよ入園。ちなみに、キツネといえば「エキノコックス」を思い浮かべるかもしれないが、宮城蔵王キツネ村では開園以来、万全の感染対策を行い、現在まで感染したキツネはいない。安心して見学できる環境だ。

かわいいキツネたちを間近で見られる かわいいキツネたちを間近で見られる

おすすめシーズンは秋から冬

宮城蔵王キツネ村は年間を通して営業しているが、実は、秋から冬にかけてがキツネを見るにはいちばんいい。というのも、キツネの毛は10月頃に生え替わり、モフモフの冬毛になる。毛は艶があって美しく、キツネがいちばんかわいく見えるのだ。冬になると、園内には雪がちらほら。雪景色のなかのキツネは、これがまた絵になるのだ。園内では、週末限定のエサやり、キツネを抱っこできる抱っこ体験などを行っている。ルールを守り、楽しくキツネと触れ合ってみよう。また、キツネ以外に、ヤギやウサギなどの動物と触れ合えるコーナーもある。

ゲージの中で大事に飼育されているホッキョクギツネの子ども ゲージの中で大事に飼育されているホッキョクギツネの子ども

キツネのオリジナルグッズをお土産に

たくさんの動物たちと触れ合ったあとは、売店でお買い物。宮城蔵王キツネ村でしか買えない、さまざまなオリジナルグッズが販売されている。キツネ好きには見逃せないところだ。また、宮城蔵王キツネ村に出かける前に、事前に公式サイトに記載された注意事項を読んでおくと良い。そこには、場内でどう行動したら良いかをはじめ、キツネの習性や服装の注意点などが細かく書かれている。入場の際にも説明は受けるが、こうした注意点を事前に知っておいたほうが、現地でもより楽しめるだろう。放し飼いであることを十分理解したうえで、宮城蔵王キツネ村へ出かけてみよう。

キツネグッズ満載の売店 キツネグッズ満載の売店

スポット詳細

住所
宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
電話番号
0224248812

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          蔵王・白石エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました