夕張市石炭博物館

博物館/科学館

日本の近代産業を支えた炭鉱の歴史に触れることができる

炭鉱が数多くある空知エリアのなかでも、炭鉱跡地を観光地としていち早く整備したのが夕張。「夕張市石炭博物館」は、炭鉱の歴史を未来へ語り継ごうという人々の思いが伝わってくる場所だ。

エレベーターを降りたところにある地下展示室。炭鉱マンのマネキンが出迎えてくれる エレベーターを降りたところにある地下展示室。炭鉱マンのマネキンが出迎えてくれる

炭鉱の歴史を後世へ伝える場

炭鉱の町・夕張の歴史が始まったのは、1888年(明治21)。技師であった坂市太郎が、夕張を流れる志幌加別(しほろかべつ)川の上流で石炭の大露頭を発見したのがきっかけだった。1891年(明治24)に炭鉱が開始され、それ以降、夕張は炭鉱の町として栄えていく。最盛期には大小24の鉱山があり、人口も12万人にまで増えた。しかし、1960年代半ばに入ると鉱山が次々に閉山。そこで炭鉱の歴史を後世に伝えていこうと誕生したのが、「夕張市石炭博物館」を含むテーマパーク「石炭の歴史村」だった。

少し小高いところに位置する夕張市石炭博物館の本館 少し小高いところに位置する夕張市石炭博物館の本館

博物館内の展示の一部。実際に使用されていた道具が展示されている 博物館内の展示の一部。実際に使用されていた道具が展示されている

夕張という町の歩みがわかる

2006年(平成18)に石炭の歴史村は閉鎖され博物館も休館となったが、歴史・資料的価値の高さから2018年(平成30)4月、炭鉱および夕張の歴史の奥深さとおもしろさを伝える施設として、リニューアルオープンした。博物館の駐車場から少し坂道を上っていくと、本館の入り口に到着する。建物の中に入り、受付を済ませたら2階へ進もう。炭鉱による繁栄、石炭産業衰退後の観光開発と夕張市の財政破綻、そして現在へと続く夕張の歩みが、見やすくわかりやすく展示されていて、つい引き込まれてしまう。これらの展示を見たあとは、立坑ケージをイメージしたエレベーターで地下展示室へ移動する。

博物館の本館2階にある展示の導入部分 博物館の本館2階にある展示の導入部分

地下展示室へ向かうための立坑ケージをイメージしたエレベーター 地下展示室へ向かうための立坑ケージをイメージしたエレベーター

想像以上にリアルな地下展示

炭鉱マンになったような気分で、レトロなエレベーターに乗り、地下へ一気に下りていく。地下展示室に降り立つと、そこは炭鉱ワールド。歴史の古い順に炭鉱技術や作業の様子などが展示されている。実際に使われていた道具や器具の展示はもちろん、マネキンを使って坑内の様子が再現されており、炭鉱繁栄当時の空気感がリアルに伝わってくる。どんどん歩みを進めていくと、採炭機械のドラムカッターの実演運転も見ることができる。1時間ごとにスタッフが解説付きで運転。スタッフのなかには実際の元炭鉱マンもいるので、当時の詳しい話を聞けることもある。

ドラムカッターの実演と解説の様子 ドラムカッターの実演と解説の様子

石炭の大露頭も忘れずに見学しよう

長く続く地下展示室を見終えると、ちょうどそこが博物館の出口。外に出ると目の前に駐車場がある。ミュージアムショップで買い物をするには、再び外から坂を上って入り口まで戻ることになるため、先に買い物をしておくのがおすすめだ。地元菓子店の「石炭カステラ」やどら焼き「たんどら」などを購入できる。また、駐車場の奥には、北海道の天然記念物に指定されている大炭層の露頭もあるので、帰る前に見ておきたい。札幌からのアクセスは、国道274号から道道3号を走って1時間30分ほど。高速を使うと道央道利用、岩見沢経由で1時間15分ほど。新千歳空港からも一般道を使い1時間ちょっとで到着する。

北海道庁の技師・坂市太郎が明治時代に発見した炭層の大露頭 北海道庁の技師・坂市太郎が明治時代に発見した炭層の大露頭

スポット詳細

住所
北海道夕張市高松7
電話番号
0123525500

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          夕張・美唄エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました