湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区

歴史的建造物

歴史的な建造物が並ぶ醤油発祥の地で、香ばしい匂いに包まれる

醤油発祥の地として全国的にも有名な湯浅町。東西約400m、南北約280mに広がる歴史ある町並みは「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、地元民から観光客まで多くの人が訪れる場所になっている。

風情ある静かな町並みをゆっくり散策して 風情ある静かな町並みをゆっくり散策して

長い歴史を紡ぐ、熊野古道の湯浅町

和歌山県の中心部に位置し紀伊水道に面する湯浅町は、熊野三山へ続く熊野古道唯一の商店街があり、古代には宿所として利用されていた地域。その後、紀州藩内有数の商工業都市として発展を遂げ、中国の宋で修行を積んだ僧が伝えた「金山寺味噌」の製造過程からヒントを得たという醤油醸造の発祥の地としても親しまれるように。1800年代初期には紀州藩からの保護を受け、92軒もの醤油店が軒を連ね、町の代表的な産業として営まれていた。

現在も稼働する江戸時代に建てられた醤油蔵 現在も稼働する江戸時代に建てられた醤油蔵

小路を歩きながら建築物を鑑賞

醤油店が多く集っていた全盛期から数は減ったものの、現在でも昔ながらの製法で醸造する醤油店があり、地元民をはじめ、多くの人に愛される味を守り続けている。そんな商工業が盛んであった湯浅町は、南北に延びる通りと小路が入り乱れた特徴的な地割が見られ、町屋や土蔵などの伝統的な建築物が多く残されているため、2006年(平成18)、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定された。タイムスリップをしたかのような、歴史的な雰囲気のエリアを散策してみよう。

出格子が取り付けられた町屋などの建物が点在 出格子が取り付けられた町屋などの建物が点在

2階の漆喰で塗られた壁には虫籠窓(むしこまど)も見える 2階の漆喰で塗られた壁には虫籠窓(むしこまど)も見える

醤油や味噌のお土産も忘れずに

保存地区にはその歴史に触れられる資料展示などを行う館が点在。エリア内に残る唯一の醤油醸造店として創業180年を迎えた「角長(かどちょう)」やその資料館、元醤油醸造店で現在は金山寺味噌の製造を手がける「太田久助吟製」、醤油造りに使用する麹店だった場所を改装した「手作り行灯・麹資料館」、江戸時代から昭和まで営業していた公衆銭湯の内部を保存した資料館「甚風呂」などを訪れて、町の流れや商業の成り立ち、醤油造りについて、五感で体感してみて。

1841年(天保12)創業の醤油醸造店「角長」 1841年(天保12)創業の醤油醸造店「角長」

ご飯のお供に最適な金山寺味噌の「太田久助吟製」 ご飯のお供に最適な金山寺味噌の「太田久助吟製」

風呂桶も保存して展示する「甚風呂」 風呂桶も保存して展示する「甚風呂」

スポット詳細

住所
和歌山県有田郡湯浅町湯浅
電話番号
0737223133
時間
各施設により異なる
休業日
各施設により異なる
駐車場
あり(60台)
クレジットカード
可(一部施設)
電子マネー/スマートフォン決済
可(一部施設)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
60-120分
備考
※電話番号は湯浅町観光協会に繋がります

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          海南・有田・みなべ・田辺エリアのおすすめスポット

          和歌山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました