つるやパン 本店

パン

サラダが入っていないのに「サラダパン」。湖北名物の謎を解く

パンの種類が豊富だが、断トツ人気はやはり「サラダパン」170円 パンの種類が豊富だが、断トツ人気はやはり「サラダパン」170円

つるやパン本店の看板商品であり湖北名物として長く親しまれてきた「サラダパン」は、刻んだたくあんにマヨネーズを和え、コッペパンに挟んだもの。誕生したのは創業から8年後の1960年(昭和35)のこと。初代の妻が、同級生宅だった向かいの本陣薬局から胃薬のキャベジンが売り出されると聞いたのをヒントに、マヨネーズを和えたキャベツを挟んだコッペパンを考案。当時トレンドワードだった「サラダ」の名を冠したのだという。試行錯誤の末キャベツをたくあんに変え、2代目「サラダパン」が完成。パッケージの配色が緑と黄色なのは、初代サラダパンのキャベツとマヨネーズを表している。2番目に人気の「サンドウィッチ」は、ハム製造会社の社長夫人が近所だった縁から魚肉ハムの新発売情報を聞き、考案したのだという。ほかに、「ハムカツチョコ」や「スマイルサンド」など、懐かしさと新しさが共存したパンがそろう。時代を先取りしてきたのは、「古くから旅人や商人が行き交う北国街道の宿場町(木之本宿)の中心地だったことから、新しい情報が入ってきやすい環境にあったからかもしれません」とは3代目談。進取の気風に富むこの地だからこそ生まれたご当地パンなのだ。

木ノ本の観光名所のひとつでもあり、休日には行列ができるほど 木ノ本の観光名所のひとつでもあり、休日には行列ができるほど

パンのほか、ドリンクや菓子類、オリジナルグッズも並ぶ店内 パンのほか、ドリンクや菓子類、オリジナルグッズも並ぶ店内

魚肉ハムとマヨネーズをサンドした「サンドウィッチ」は2番人気 魚肉ハムとマヨネーズをサンドした「サンドウィッチ」は2番人気

スポット詳細

住所
滋賀県長浜市木之本町木之本1105
電話番号
0749823162
時間
[月-土]8:00-19:00
[日祝]9:00-17:00
休業日
無休(臨時休業あり)
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • Very good
    5.0 投稿日:2021.12.10
    長い時間焼き立ての美味しい匂いがしてました。店内は可愛らしくとても良かったです。あれもこれも買いたくなりますが、パンなのでたくさん買えないのが勿体ないです。
  • サラダパンの朝食
    3.0 投稿日:2020.12.01
    前回は青春18きっぷ利用で駅から歩いて来たが、今回はクルマ。目的地にしていたわけではないが玄藩尾城に向かっていたらお店の前を通ったのでせっかくだから寄ってみた。前回学習したので、チョコ味のサンドウイッチは避ける。あれは微妙だった。そして、今回もまた購入したのはサラダパンと標準のサンドウイッチ。サラダパンはやっぱり薄味。沢庵の味がもう少し濃くても良さそう。マヨと沢庵のコラボはやはりありなのでその辺が...
  • 袋パンを侮るべからず
    4.0 投稿日:2020.04.13
    袋パンを侮るべからず。近くに来た時はは必ず立ち寄ります。名物はサラダパン。ロールパンにマヨネーズをあえた細かく刻まれたタクアンが挟んでいるという、意外な組み合わせ…これが美味しい。その他のパンも多くは袋パンだが、パン自体が柔らかくて総じてハズレなし。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          湖北・長浜エリアのおすすめスポット

          滋賀のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました