関連する記事

関連する観光コース

- 滋賀 PHOTO ALBUM -

banner_photo

彦根市尾末町、彦根城近くにある歴史的建造物。幕末に江戸幕府の大老を務めた井伊直弼が10代から30代まで15年間を過ごし、学問や武道の修練を積んだ屋敷。「埋木舎」の名は井伊直弼が自ら名付けたもので「世の中を よそに見つつもうもれ木の 埋もれておらむ心なき身は」という歌も詠んでいる。

place

滋賀県彦根市尾末町1-11 (彦根・長浜エリア)

phone 0749235268

埋木舎の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/12/27 埋木の心境が分かる気がしました
滋賀・岐阜の寺と城巡りの二日目は彦根城を見学しました。宿泊した彦根グランドデュークホテルから10分程で彦根城です。二の丸佐和口に向かう堀沿いの登城道はいろは松という美しい松並木となっています。右手に埋木舎と案内板があるので行ってみました。中堀に面した屋敷です。井伊家の十四男として生まれた井伊直弼が13代彦根藩主となるまでの不遇の時期、天保2年(1831年)以後15年を過ごした屋敷として有名で「埋木...
投稿日:2019/07/16 井伊直弼が育ったままに残っています
他の彦根城の建物は再建ですが、ここは井伊直弼が生まれ育った当時に残っています。城主になる前ですから、庭も部屋も地味です。
投稿日:2019/05/31 井伊直弼さんの青春時代お住まい、昔のままです。
「うもれぎのや」と読みます。建物は1759年以前にできたもので修理はされているものの、昔のままの建物です。井伊直弼さんが17歳から32歳までの間、住んでいたところです。よく保存されています。江戸幕府の大老にまでなった人のお住まいにしてはちょっと暗い感じ、だなっていうのが第一に思ったところです。お城の近くにありながら、お城も見えない場所で直弼さんは何を思ったのか。きっと、勉学に励んだのでしょうね。そ...

おすすめ記事

詳細情報

住所
滋賀県彦根市尾末町1-11 [地図]
エリア
彦根・長浜エリア
電話番号
0749235268
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
月(祝、振替休日の場合は翌日)
[冬季休業期間]12/20-2月末
料金
【入館料】
[大人]300円
[高、大学生]200円
[小、中学生]100円
駐車場
なし
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          滋賀 の主要エリア

          around-area-map

          中央部に琵琶湖が位置する滋賀県は、面積のほとんどを山地と湖が占めている自然豊かな場所です。京都府と隣接しており、京都駅を利用すれば、大津市まではR東海道本線を利用して約10分で到着します。県内は電車、バス、船など多様な交通機関が整っており、観光手段は豊富です。 比叡山延暦寺のある「大津」や忍者と信楽焼で有名な「甲賀・信楽」、国宝・彦根城や秀吉ゆかりの長浜城がある「彦根・長浜」など、滋賀の観光エリアは主に5つに分かれており、いずれのエリアでも琵琶湖の雄大な自然の楽しむ観光が楽しめます。 滋賀県のご当地グルメといえば、日本三大和牛のひとつである近江牛と、琵琶湖名産品の鮒寿司・鮎料理です。さらにバームクーヘンやみたらし団子など、美味しいおやつもおすすめです。