小牧市歴史館

城/城址
小牧市堀の内、小牧山の山頂にある建造物。織田信長により築かれた小牧城は土塁や堀などを残すのみで、現在建っているのは実業家・平松茂氏が昭和42年(1967)に私財を投じて建設、後に市に寄贈されたものである。京都にある国宝「飛雲閣」をモデルに設計されており、内部は郷土資料館「小牧市歴史館」として使用されている。

スポット詳細

住所
愛知県小牧市堀の内1-1
電話番号
0568720712
時間
9:00-16:30(最終入館16:15)
休業日
第3木(祝の場合は翌平日)、12/29-1/3
料金
[入館料]一般100円、中学生以下無料
※小牧山城史跡情報館(れきしるこまき)と共通券
駐車場
あり
※小牧山北駐車場
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(Komaki Free Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 1962年建築
    4.0 投稿日:2020.08.29
    小牧山の頂にある天守風の建築物です。中には小牧についての歴史の展示資料があり、最上階には展望所があります。展望所からの眺望は非常に良く、この場所が要衝であったことが非常に良くわかります。
  • コロナで休館中
    3.0 投稿日:2020.03.29
    小牧山の頂上に立つ小牧城は織田信長の居城で有名ですが、徳川家康の戦いでも活躍した。あまり大きな城では無いが、歴史的に有名な城。しかしコロナで休館中です。
  • 小牧市のシンボル小牧山城
    5.0 投稿日:2020.02.06
    いわゆる復興模擬天守ですが、尾張平野にポツンと独立する小牧山の山頂にある歴史館は、小牧山城として小牧のシンボルです。入館料が40年前と変わらず100円。しかも2019年麓に出来た「れきしるこまき」の入館料も共通になってもそのまま100円。さらにJAF割引で60円!安いです。2020年2月現在、外観修復工事中で覆いに覆われ館内も4階の展望室へは上れないようになっていました。屋根は銅板のようなので...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          尾張北部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました