三河工芸ガラス美術館

美術館

作品の中に入って楽しめるガラスと万華鏡の体感型ミュージアム

愛知県西尾市出身のガラス工芸家・神谷一彦氏が設立した美術館。2000年(平成12)に世界最大(当時)とギネス世界記録に認定された万華鏡作品など、体験型の作品が注目を集めるスポットだ。ステンドグラス作りや万華鏡作りなど各種ワークショップも開催している。

住宅街にたたずむ三河工芸ガラス美術館 住宅街にたたずむ三河工芸ガラス美術館

巨大万華鏡作品は、中に入って撮影も可能

「三河工芸ガラス美術館」は、1993年(平成5)3月に設立。館内には神谷氏の作品を中心に、73点(2021年12月時点)の作品が展示されている。なかでも注目は巨大万華鏡作品「スフィア」。長さ7.3m、幅3.1m、高さ2.55mの巨大な万華鏡で、使用している鏡は54枚。鑑賞者はその中に入って約2分の間、音楽とともに刻々と模様と色彩が変化する作品世界に没入することができる。2000年(平成12)、当時「世界最大の万華鏡」とギネス世界記録に認定されたことで知られていたが、2018年(平成30)に館内でのスマホ撮影を解禁すると、フォトジェニックな写真が撮影できるとSNSで大きな話題になっている(館内での撮影はスマホと小型カメラのみ可。一眼レフカメラや三脚・自撮り棒の使用および動画撮影は不可)。

巨大万華鏡作品「スフィア」。部屋に入り、万華鏡の前に立つ自身の様子を撮ってもらうのもおすすめだ 巨大万華鏡作品「スフィア」。部屋に入り、万華鏡の前に立つ自身の様子を撮ってもらうのもおすすめだ

ガラスを用いた気品漂うアート作品が並ぶ

「彫刻鏡の部屋」も、鑑賞者が部屋の中に入ることができる作品。床、天井、壁のすべてが鏡でできており、合わせ鏡の効果でどこまでが床でどこからが天井かわからない不思議な感覚の空間になっている。日本の四季をテーマした映像と音楽が流れ、「スフィア」同様、どこを切り取っても色鮮やかで美しい写真を撮影することができる。そのほか、ギリシャ・ローマの女性戦士を描いた巨大なサンドブラストガラス(ガラス彫刻)の作品「アテナ」や、映画をテーマにしたサンドブラストガラス作品、ステンドグラスでできたジオラマ作品など、繊細な美しさをまとった作品にも注目だ。

「彫刻鏡の部屋」。写真撮影のコツは、空間のすみからスマホを構えることだとか 「彫刻鏡の部屋」。写真撮影のコツは、空間のすみからスマホを構えることだとか

映画をテーマにしたサンドブラストガラス作品が並ぶ 映画をテーマにしたサンドブラストガラス作品が並ぶ

「アテナ」(写真右)のような、ガラスならではの気品漂う作品に注目を 「アテナ」(写真右)のような、ガラスならではの気品漂う作品に注目を

階ごとに変わる作品の雰囲気を楽しんで

三河工芸ガラス美術館は3階建て。1階は受付と各種ワークショップなどが開かれるアトリエになっている。展示室は、2階と3階。そのうち「スフィア」や「彫刻鏡の部屋」の体験型の巨大な作品、「アテナ」をはじめとする重厚感あふれる作品は2階に集まっている。3階の展示室は打って変わって、明るくてカジュアルな雰囲気に。「生活とガラスアート館」と題して、「クリスタル万華鏡」や「双眼万華鏡」など自由にのぞいて遊ぶことができるさまざまなオリジナルの万華鏡、自分の顔が万華鏡いっぱいに映り、その様子を写真撮影できる「スマイル万華鏡」のほか、全身を映すおしゃれな鏡やかわいいランプなど日常使いのできそうな品々が並ぶ。

3階の展示室は明るい空間。スマイル万華鏡は、2、3人でも一緒に撮影が可能 3階の展示室は明るい空間。スマイル万華鏡は、2、3人でも一緒に撮影が可能

ステンドグラス体験などワークショップを開催

1人から参加できる各種ワークショップも、同館の名物。透明なガラスの小皿やコップなどに彫刻するサンドブラスト体験(1530円-)や、ウォールランプや写真立てなどが作れるステンドグラス体験(2350円-)、ガスバーナーでガラス棒を融かしてトンボ玉(ガラスビーズ)を作るバーナーワーク体験(2550円)、万華鏡作り体験(2040円)など、館長でガラス工芸家の神谷氏やスタッフの指導のもと楽しむことができる。いずれも電話での予約が必須だ。

スポット詳細

住所
愛知県西尾市富山町東郷5
電話番号
0563593334
時間
10:00-17:30(最終入館17:00)
休業日
月(祝の場合は翌日)、第1火、年末年始
料金
【入館料】
[一般]1,000円
[小学生]600円
[幼児(3才以上)]400円
駐車場
あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、メルPAY)
Wi-Fi
あり(ART-MIKAWA)
コンセント口
なし
喫煙
不可
車椅子での入店
不可
ペットの入店
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • てっぽう展示館もお忘れなく
    4.0 投稿日:2020.01.30
    昔、世界一の万華鏡があることで有名なここ 三河工芸ガラス美術館。いまでも迫力ある万華鏡の美しさにほっとします。3階にあるてっぽう展示館も楽しめます。雑学のパネルもあって、勉強になりました。
  • 入館料が割に合わない
    1.0 投稿日:2019.11.28
    一人あたり720円払ってこれだけ?正直300円が妥当かと…。建物自体がとても小さい上、一階は受付で三階は何故か銃の展示で二階しか見るところがない。万華鏡は素敵でしたが、ガッカリでした。
  • インスタ映えの美術館
    4.0 投稿日:2019.10.06
    巨大万華鏡もすごいけど、館内にある小さな万華鏡のどれもが美しい。万華鏡以外にもガラス工芸がすばらしい。優雅な感じをうける。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          西三河エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました