関連する記事

関連する観光コース

- 三重 PHOTO ALBUM -

banner_photo

江戸時代の偉人本居宣長の記念館。自筆稿本類や遺品、自画像などを公開している。江戸時代の医師であった彼は、同時に国学者であり文献学者だった。「古事記」を研究し、「古事記伝」を執筆したことで知られる。「源氏物語」についても深く研究がなされ、「もののあはれ」の情緒に言及した。記念館の中には、本居宣長が暮らしていた古民家が移築されている。二階の書斎の床の間に鈴掛をさげ、その音を楽しんでいたことから「鈴屋」と呼ばれて親しまれていた。日中はガイドが常駐し、詳しい解説を聞くことができる。

place

三重県松阪市殿町1536-7 (津・松阪エリア)

phone 0598210312

本居宣長旧宅 鈴屋の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/01/18 1691年の建造物
本居宣長が12歳から60年間住んだ家で、2階の書斎「鈴屋」は53歳の時に屋根裏部屋を改装され100年程前、保存と公開を条件に現在地(松坂城跡)に移築されたそうです。

1階は上がって見学出来ますが、2階の「鈴屋」には上がれないので、庭の高台から部屋を垣間見ることが出来ます。又、その「鈴屋」の由来は、元々鈴が好きだった宣長が勉強に疲れた時に、床の間の柱に掛けてある鈴の音を聞いてリフレッシュしていたか...
投稿日:2019/11/30 そのまま残っています
松阪城址に移築?されたそうですが、よい状態で残っています。2階は必見(外から見るのですが)。
開館と同時に見ようとしましたが、入り口がわかりにくく、聞いても雑な対応だったのが残念。
投稿日:2019/11/09 二階の書斎がすずやです
松坂城跡のすぐとなりというか、城内と言っても良い場所に、この本居宣長旧宅はありました。
この家は、本居宣長が12才から死ぬまでの60年間暮らした家で、明治の頃この地に移築されたそうです。二階にある書斎を、鈴屋と呼ぶそうで、外の石垣の上から見ることができました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
三重県松阪市殿町1536-7 [地図]
エリア
津・松阪エリア
電話番号
0598210312
時間
9:00-16:30
休業日
月(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金
[入館料]大人400円
※本居宣長記念館と共通券

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          三重 の主要エリア

          around-area-map

          海と山に囲まれて自然に恵まれている三重県は、伊勢神宮や熊野古道、ナガシマスパーランドなど観光が産業として成り立っている県です。名古屋や大阪を経由すれば、新幹線、電車、バス、フェリーなどを使って簡単にアクセスができます。 伊勢神宮で有名な三重件ですが、ほかにも鈴鹿サーキットやナガシマスパーランドなどアミューズメント施設があり、伊賀・名張は忍者体験や名水スポットで訪日外国人からも人気のある場所です。伊勢・志摩・鳥羽エリアには伊勢神宮や鳥羽水族館など観光スポットが多く、足を伸ばせば熊野古道や鬼ヶ城など自然景観が美しい熊野・東紀州エリアにも日帰りで行き来できます。 伊勢エビや的矢かき、あのりふぐ、伊賀牛など贅沢グルメから伊勢うどんやとんてき、めはり寿司などの親しみやすい味まで楽しめるのも三重県ならではです。