乙女滝

途切れることなく流れ落ちる乙女滝は、横谷渓谷の玄関口

たっぷりのマイナスイオンでリフレッシュできると人気の乙女滝。緑のトンネルに覆われた階段を下りると、ザザーっという音とともに、大きな滝が目の前に現れる。光が差し込み、キラキラ輝く水面が美しい。

水量豊富で迫力ある滝を目の前で見られる 水量豊富で迫力ある滝を目の前で見られる

飢饉によって整備された人工の滝

乙女滝は、乙女という名前とは裏腹に勢いよく水が流れ落ち、心をスッと軽くしてくれる。滝の落差はおよそ15m。静かな森のなかにある天然の滝に見えるが、実は天明の大飢饉(1782-1788年)によって整備され、1792年(寛政5)に完成した農業用水路「大河原堰(おおかわらぜき)」の一部。比較的水量が豊富とされた複数の河川を用水路でつなぎ、それぞれから水を補給しながら地域に導く。当時は特に先進的な水利システムとして注目され、現在では「世界かんがい施設遺産」に登録されている。

歩道は歩きやすく、階段が整備されている 歩道は歩きやすく、階段が整備されている

本格派もお手軽派も楽しめるスポット

中央自動車道の諏訪南が最寄りのIC。八ヶ岳ズームラインからエコーライン、メルヘン街道を抜けて、蓼科中央高原・横谷峡に入る。ビーナスラインを走っているならば、蓼科湖から10分ほどで到着。メルヘン街道沿いにある大きな「横山峡」の看板を曲がるとすぐに「横谷峡入口駐車場」が目に入る。車を停めて、そのまま遊歩道を登ること5分。滝への入り口に到着。ドライブ途中に軽く散策するも良し、湖付近に宿泊した翌日にしっかりトレッキングするも良し、多様なニーズに応えてくれるのがこの一帯のうれしいところだ。

道沿いの看板から1分ほどで滝を見ることができる 道沿いの看板から1分ほどで滝を見ることができる

いつの季節も美しい横谷渓谷

乙女滝を含む一帯は「横谷渓谷」と呼ばれ、全長は5kmのトレッキングコースがある。乙女滝までは特に装備は必要ないが、さらにトレッキングをする場合は歩きやすい靴と上着などがあると安心だ。乙女滝に始まり、霧降の滝、王滝、おしどり隠しの滝と、4つの滝を巡ることができるほか、鷲岩や屏風岩など景勝スポットが多いのも魅力。乙女滝から横谷観音展望台までは往復およそ2時間半。展望台の直前は急坂があるが、それ以外にアップダウンは少なく、鳥の声や水の音に癒やされながら進むことができる。冬には氷瀑が出現し、四季を通じて楽しめる。また、乙女滝に続く階段の近くには、日帰り入浴できる「横谷温泉」があるので、合わせて満喫したい。

氷瀑は12月下旬から3月までがおすすめ 氷瀑は12月下旬から3月までがおすすめ

横谷渓谷の上流にある奥蓼科温泉郷は水が豊富で、歴史ある景勝地が多く点在する 横谷渓谷の上流にある奥蓼科温泉郷は水が豊富で、歴史ある景勝地が多く点在する

スポット詳細

住所
長野県茅野市北山蓼科中央高原
駐車場
あり

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          諏訪周辺エリアのおすすめスポット

          長野のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました