関連する記事

関連する観光コース

- 山形 PHOTO ALBUM -

banner_photo

千年を超える魅力的な文化財が残る古刹

寒河江市慈恩寺にある寺院。746年に婆羅門僧正により創建されたと伝えられる。江戸時代には18か村、約2800石にも及ぶ寺領を誇る東北一の巨刹となった。現在は規模は縮小したものの、「慈恩寺旧境内」が国の史跡に指定されている他、本堂や仏像群、5月5日の「一切経会」の際に行われる「慈恩寺舞楽」など、多くの文化財を有する。

place

山形県寒河江市大字慈恩寺地籍31 (山形・蔵王・天童・上山エリア)

phone 0237873993

慈恩寺の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/16 静寂の中にあるその佇まいに感動!
とても静かで厳かな空気のなか、立派な山門と御堂、三重塔が迎え入れてくれました。ちょうどこの期間は秋の特別展として、阿弥陀堂特別拝観が行われており、通常拝観で目にすることができる聖徳太子立像や十二神将のほかに、阿弥陀如来座像も拝観することができました。本当に立派な仏像でした!聞くところによると、国の重要文化財等の数は、山形県内ナンバーワンとのこと!特に十二神将は海外の展示会にも出品してるほどなのに...
投稿日:2019/11/13 両宗兼学
1300年前に勅命により開かれた東北地方でも歴史のある寺院です。鎌倉時代には大江氏、江戸時代には最上氏。徳川幕府より東北一の朱印地を持っていました。
宗派的にも法相、天台、真言と兼学となり行事にも各宗派の影響が残っています。
本堂は重厚な茅葺、本尊は非公開の釈迦如来坐像、他に聖徳太子立像や薬師三尊、十二神将と仏像を目の前で拝見できます。真言系のお坊さんが丁寧に説明してくれました。お寺の傍に大きなト...
投稿日:2019/10/11 阿弥陀堂特別公開中
薬師堂の薬師三尊像と十二神将が特に有名なお寺です。現在特別公開中の阿弥陀堂に祀られている、宝冠の阿弥陀像は必見です。本堂の内陣にも多くの仏像が祀られています。風雪に耐えた山門や少し離れた場所にある三重塔がこのお寺の栄枯盛衰をものがっているようです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
山形県寒河江市大字慈恩寺地籍31 [地図]
エリア
山形・蔵王・天童・上山エリア
電話番号
0237873993
時間
[拝観時間]8:30-16:00
休業日
年中無休
料金
[拝観料]500円
令和2年4月1日より、個人700円(団体15名以上600円/人)
駐車場
有(40台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
喫煙
不可(喫煙場所あり)
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
不可(境内可、拝観不可)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          山形 の主要エリア

          around-area-map

          山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。