NAVITIME Travel

最上川

河川

山形県内を流れる一級河川。福島県との県境の西吾妻山を水源とし、周辺の盆地から庄内平野を経て日本海に注いでいる。寒河江川などの支流を含めた最上川水系の流域周辺に県の人口の約8割が暮らしており、古くから水運の要の役割を果たしてきた。松尾芭蕉の句「五月雨をあつめて早し最上川」をはじめ多くの歌にも詠まれるなど、文化的にも重要な川である。

map zoom out image
pin
place 山形県最上郡

おすすめ記事

詳細情報

住所

山形県最上郡 [地図]

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          山形 の主要エリア

          around-area-map

          山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

          関連する記事

          関連する観光コース