関連する記事

関連する観光コース

- 福島 PHOTO ALBUM -

banner_photo

福島県南会津郡南会津町にある道の駅。豊かな自然が広がる尾瀬への玄関口に位置しており、地元名産の「赤かぶ漬け」や「行者ニンニク」などが販売されている。また飲食店スペースでは、寒暖差の大きい気候を活かして生産したそば粉を使った十割そばや、そばがき、行者ニンニクを使った餃子などを味わうことができる。

place

福島県南会津郡南会津町番屋4 (南会津エリア)

phone 0241782785

道の駅 番屋の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/12/10 素朴な道の駅
周囲何もない、昔からの鄙びた温泉が点在するマイナー国道沿いにあり、注意しないと通り過ぎてしまう小さな道の駅。
流行の車中泊も、早めに食料を入手持参しないと絶食状態になる、付近にコンビニや売店も皆無の環境。
トイレ休憩がメインと考えるべき。
投稿日:2019/10/07 秋口には天然物のシメジやなめこも並びます
会津南部地域の標高800mを超える山々に囲まれた会津高原南会津町の道の駅番屋。この先には、福島県側「尾瀬」への玄関口にも繋がる道でもあり、季節によっては沢山の利用者があります。たていわ名産の「赤かぶ漬け」や「行者ニンニク」を始め、地場産の農産物が軒先に多く並び、秋口には天然物のシメジやなめこも並びます。店内には食堂があり地場産のそばが人気メニューです。拙者は、湯ノ花温泉や木賊温泉に向かう際によく利...
投稿日:2018/09/08 うんちくマンガ
道の駅を謳っていますが、産直販売コーナーは小さくて、レストランコーナーが中心の施設でした。レストランのメインは会津そばと行者ニンニク入り餃子でした。私もレストランでざるそばを食べたのですが、これがひどい代物で、普通のざるそばの提供に30分近く待たされ、その挙句に、出てきたそばが以前連載されていたそばのうんちくを語るマンガに出てきた、不味い田舎そばの典型でした。そばの硬さが全体に不均一で、柔らかすぎ...

おすすめ記事

詳細情報

住所
福島県南会津郡南会津町番屋4 [ 地図 ]
エリア
南会津エリア
電話番号
0241782785
時間
8:00-17:00
休業日
[通常]無休
[冬期(11月中旬-4月中旬)]火、木、12/29-1/3
駐車場
あり 25台
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
その他(屋外のスペースに指定)
ベジタリアンセレクション
なし
ハラル対応
なし
英語メニュー
なし
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          福島 の主要エリア

          around-area-map

          キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。