関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

八甲田山雪中行軍 遭難資料館

4.0

資料/郷土/展示/文学館

八甲田山で遭難した雪中行軍の資料を展示

明治35年(1902)1月に八甲田山で起きた、雪中行軍の遭難事件。山岳史上最大の悲劇ともいわれる、210名中199名が犠牲になった事件である。こちらの資料館では史実に基づいた資料が数多く展示されており、当時の様子がよくわかる。また春には美しくソメイヨシノが咲き誇る花見の名所でもある。

place

青森県青森市幸畑字阿部野163-4 (青森エリア)

phone 0177287063

八甲田山 雪中行軍遭難 資料館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/01 天は、我を見放したか--!と北王子欣也が叫ぶシーンで有名な雪中行軍事故の資料館です
当時、日露関係が悪化しており、もしロシア艦隊に青森北部を抑えられたら?
弘前・青森・八戸の各軍が連携するために連絡方法の確認を行う訓練で、冬の八甲田山を通れるか否や?青森の歩兵第5連隊が壮大な実験を行いますが、無残な結果に終わります。
新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」のモデルとなった世界最大級の山岳遭難事故が起こり、命を軽んじる旧軍隊の体質と指揮官の資質が重要なことが認識された事件です。
その克...
投稿日:2020/01/11 遭難の経緯がよくわかります
有料ではありますが、遭難事故の前後の経緯が説明・写真や装具なdの展示により、とてもわかりやすいものでした。隣接して関係者の墓地がありますが、そこを訪れる前に行くとより理解しやすいと思います。
投稿日:2019/11/04 軍隊は失敗から学ばない
明治時代の八甲田山での死の雪中行軍は知っていましたが、このような立派な史料館があるのは知りませんでした。
館内はこの行軍計画の時代背景から行軍の経路、遭難に至った原因など多くの資料と共に分かりやすく展示されていました。
残念ながら陸軍はこれらの失敗から何も学ぶことなく第二次大戦でも無謀な作戦を繰り返していたことが分かります。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県青森市幸畑字阿部野163-4 [地図]
エリア
青森エリア
電話番号
0177287063
時間
9:00-18:00
[11-3月]9:00-16:30
休業日
12/31-1/1、2月第4水・木
料金
[観覧料]一般270円、高校・大学140円、中学生以下、70歳以上無料
駐車場
あり(45台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
喫煙
不可(敷地内全面禁煙)
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(ケージに入れる場合のみ)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。