さいたま水族館

水族館

荒川流域をはじめ埼玉県に生息する魚に出会える

日本唯一のムジナモの自生地がある羽生(はにゅう)水郷公園内の施設。荒川や利根川の流域で見られる魚を中心に、おもに日本の淡水生物を展示する。カメや魚と触れ合えるコーナーもあり、地元の子どもたちに人気のスポットだ。

魚が棲む環境を再現した水槽。展示内容はときどき変更される 魚が棲む環境を再現した水槽。展示内容はときどき変更される

水郷公園と合わせて訪れたい水族館

羽生市にある、水辺の生物と自然をテーマにした羽生水郷公園。さいたま水族館はその広大な敷地の北東に位置し、車で訪れる場合は北側駐車場に停車すると便利だ。駐車場の向かいには、地元産の農産物や加工品を販売する「キャッセ羽生」があるので、帰りに立ち寄ってみるのもよいだろう。水族館は「遊びのなかで自然を学ぶ」ことを目的に、1983年(昭和58)に開館。埼玉県内で確認されている約90種の魚類のなかから約70種を中心に、両生爬虫類や甲殻類など、約100種類の水生生物を展示している。

カラフルなワゴン車が置かれた水族館入り口 カラフルなワゴン車が置かれた水族館入り口

埼玉県内の荒川や利根川に沿って旅する

まずは、本館から見学を始めよう。入り口から順路に従って進むと、上流、中流、下流の生き物と、荒川の流れに沿って展示が行われている。源流から秩父市付近の上流域では、冷たい水を好むヤマメやニジマス、オオサンショウウオなど。秩父市から熊谷市付近の中流域ではウグイやカワムツ、さらに熊谷市から東京湾や太平洋まで続く下流域ではコイやフナ、ソウギョといった魚が見られる。子どもの頃に川遊びをしていた人なら、懐かしい顔に出会えるかもしれない。なかには絶滅する恐れのある生物の展示もあり、「レッドリスト」という赤い表示が付けられている。

水槽のすぐ近くに寄って魚の細部まで観察できる 水槽のすぐ近くに寄って魚の細部まで観察できる

埼玉県では河川の中・下流域に分布するウナギ 埼玉県では河川の中・下流域に分布するウナギ

子どもたちに人気の「タッチプール」

水族館は地元の子どもたちに人気のスポットだが、なかでもいちばん盛り上がるのがこのコーナー。小さなプールにカメが10匹ほどいて、自由に触ることができる。カメはニホンイシガメとクサガメの2種類。クサガメは身を守るために足の付け根から臭い匂いを出すといわれている。このほか、ゲンゴロウやタガメといった水生昆虫、希少淡水魚、外国の魚なども見られる。特に、世界中で埼玉県のみに生息し県の魚に指定されているムサシトヨミ、国の天然記念物ミヤコタナゴ、日本では羽生水郷公園だけに自生するムジナモは必見だ。

河川や湖沼などに生息する日本固有種のクサガメ 河川や湖沼などに生息する日本固有種のクサガメ

現在は関東平野のごく一部に生息するミヤコタナゴ 現在は関東平野のごく一部に生息するミヤコタナゴ

カワウソやチョウザメに出会える屋外展示

本館の見学が終わったら、広い庭も散策してみたい。期間限定の特別展を開催する「特別展示棟」(展示内容は水族館のウェブサイトで確認できる)、美しいヒレナガニシキゴイや体長約2mのチョウザメに餌やりができる池、カワウソの渓流などがある。水族館で唯一のほ乳類であるコツメカワウソは、その愛らしい姿で子どもたちの人気者だ。また本館の出口にミュージアムショップが併設されており、水の生き物をモチーフにした土産物やオリジナルグッズを販売しているので、こちらにも立ち寄ってみよう。

休日には親子連れなどで賑わう水族館の庭池 休日には親子連れなどで賑わう水族館の庭池

スポット詳細

住所
埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1
エリア
東部エリア
電話番号
0485651010
時間
[2-11月]9:30-17:00(最終入館受付16:30)
[12-1月]9:30-16:30(最終入館受付16:00)
休業日
[3-11月]第1月(8月は無休)
[12-2月]月、12/29-1/1
料金
[通常期間中]大人(高校生以上)400円、小人(小・中学生)100円
※団体は大人320円、小人80円
[特別展開催期間中]大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)200円
※団体は大人400円、小人160円
駐車場
あり(1,100台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay、LINE Pay)
Wi-Fi
あり(ソフトバンク freeWi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 海水魚のいない水族館
    3.0 投稿日:2022.05.06
    海なし県の埼玉県ならではの、海水魚のいない埼玉県営の水族館です。本館の展示は川の流れと同じように、上流の生き物-中流の生き物-下流の生き物の順になっています。その他に、外来魚のコーナーや希少淡水魚のコーナーなどがあります。特別展示棟では甲殻類の展示がされていました。淡水魚について知るには良い勉強になりますが、やはり海水魚がいないと、地味で迫力に欠ける水族館に感じます。県営の施設だけあって新型コロナ...
  • 淡水魚の水族館
    5.0 投稿日:2020.09.21
    埼玉県には海がありませんが、河川はたくさんあります。利根川や荒川の河川の面積が日本一という説明書がありました。駐車場は無料で、水族館の入場料は大人420円でした。水族館の周囲には池があり、大きな鯉がたくさんいます。大人でも子どもでも楽しめる良い公園です。
  • 海のない埼玉の水族館?
    3.0 投稿日:2020.09.10
    今日は、時間がないのでここには入らず、広い公園を一周して帰りました。宝蔵寺沼ムジナモ自生地に繋がる広い公園は見どころ満載でしたが・・・

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          東部エリアのおすすめスポット

          埼玉のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました