関連する記事

関連する観光コース

- 千葉 PHOTO ALBUM -

banner_photo

磯山観光いちご園

いちご狩りと共に楽しめるパフェや大福作り

1haの敷地でいちごを栽培している「磯山観光いちご園」は、いちご狩りは勿論、いちごパフェ作りやいちご大福作りの体験もできる新感覚のいちご園だ。広い休憩所は南国風の明るい造りで、販売されているスイーツも格別だ。スイーツをいただきながらの休憩や売店のみの利用もできるので時間がない時も立ち寄りたい。

place

千葉県香取郡東庄町笹川い4539 (銚子・九十九里エリア)

phone 0478864312

磯山観光いちご園の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2017/10/14 こちらのいちご園のシーズンは1月から
こちらのいちご園のシーズンは1月からだそうです。山武のあたりは12月くらいからスタートするところが多いのですが、ちょっと遅めのようです。
投稿日:2017/08/28 美味しいイチゴ食べ放題
地元に戻った時にイチゴの食べ放題に行ってみました!
東庄のイチゴは大きい!
かなり食べられるかなと思ってましたが、6つしか食べられませんでした!
実家の親も家族も喜んでくれました!
沖縄の友達にも帰りに買ってお土産であげたら喜んでくれました!
投稿日:2017/04/16 いちご狩り
いちご狩りの農園です。
東関東自動車道の佐原インターを降りて、車で小一時間ほどのところにあります。駐車場はかなり広いですし、それなりに回転しますので、日曜日にでかけて駐車待ちということは今まで経験していません。朝9時からの開園で、その日の食べごろのいちごが終わってしまと終了してしまいますので、昼前までについたほうがいいでしょう。数種類のいちごがハウス栽培されており、いちごの種類は選ぶことができます...

おすすめ記事

詳細情報

住所
千葉県香取郡東庄町笹川い4539 [地図]
エリア
銚子・九十九里エリア
電話番号
0478864312
時間
9:00-16:00(当日分がなくなり次第終了)
休業日
不定休
料金
【入園料(1/4-1/31)】
[小学生以上]2,000円
[3歳以上]1,700円

【入園料(2/1-2/28)】
[小学生以上]1,800円
[3歳以上]1,500円

【入園料(3/1-3/31)】
[小学生以上]1,600円
[3歳以上]1,400円

【入園料(4/1-5/10)】
[小学生以上]1,200円
[3歳以上]1,000円

【入園料(5/11-5月中旬)】
[小学生以上]900円
[3歳以上]700円
駐車場
あり(100台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(Free Wi-Fi)
※売店付近
コンセント口
なし
喫煙
その他(指定場所にて可)
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
不可(建物の外は可)
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          千葉 の主要エリア

          around-area-map

          千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。