鴨川シーワールド

水族館

日本で唯一のシャチパフォーマンスが見られる

太平洋を一望できるスタジアムに、シャチの豪快なジャンプと水しぶきに大歓声が響きわたる。鴨川シーワールドは、海の生きもののパフォーマンスと水族館が一体となった鴨川一の人気スポットだ。

シャチとの見事なコンビネーションで宙を舞うトレーナー シャチとの見事なコンビネーションで宙を舞うトレーナー

華やかな舞台の裏の大切な活動

オープンは1970年(昭和45)。シャチをはじめとする海の生きものの飼育展示施設としてスタートし、年々施設を拡充。1990年代に笑うアシカのテレビCMで全国的に有名になったが、千葉県では学校遠足の定番スポットで、知らない人はいないメジャーな観光地だ。ただ千葉県の人でもシャチやイルカのパフォーマンスや水族館の展示はよく知っているが、この施設が自然保護活動や動物の調査・研究を行っている機関であることはあまり知られていない。たとえば房総沿岸に漂着する海獣類の保護として、2004年(平成16)に鴨川の海岸に現れたゴマフアザラシの「カモちゃん」の観察を行ったり、鴨川市の海岸で産卵するアカウミガメの卵の保護をしている。また、絶滅の恐れがある希少な水生昆虫の飼育や環境の保全活動などは、鴨川シーワールドが長年行っている活動だ。加えて、施設で飼育されている動物についての生態の観察や繁殖を通して得られた調査研究の成果は、野生生物の保全活動に生かされている。

パフォーマンスを披露するだけでなく、大切な役割を果たしている施設 パフォーマンスを披露するだけでなく、大切な役割を果たしている施設

効率良く見学するためにはプランを立てる

鴨川シーワールドの施設は、鴨川の海、東条海岸に沿って細長く並んでいて、いちばん遠い施設はメインゲートからおよそ400mの距離がある。動物のパフォーマンスの時間は事前にわかるので、スケジュールを考えつつ見学するルートを考えておきたい。人気のベルーガ、イルカ、シャチ、アシカのパフォーマンスは重ならないようになっているが、ほかにも動物とのふれあい体験(「笑うアシカと記念写真」など)やフィーディングタイム(エサやりの様子を見られる)などのプログラムもあるので、まず見たいものの優先順位を決めてから動き始めたい。いちばん人気のシャチのパフォーマンスでは、客席で水しぶきを盛大に浴びたいという人は、早めに行って前のほうの席を押さえておこう。水族館の展示も見ごたえがあるので、こちらの見学時間もしっかり確保しておきたい。

愛嬌のあるベルーガは水中パフォーマンスを見せてくれる 愛嬌のあるベルーガは水中パフォーマンスを見せてくれる

海の王者のダイナミックなパフォーマンス

絶対にはずせないのが「オーシャンスタジアム」で行われるシャチパフォーマンス。鴨川シーワールドには「ラビー」「ララ」「ラン」「ルーナ」の4頭のメスのシャチがいて、トレーナーの指示に合わせて息の合った演技を次々に見せてくれる。シャチの豪快なジャンプは想像以上で、最前列のシートではバケツの水を頭からかけられたようになるので、ずぶ濡れになってもいい人は着替えを用意しておこう。あまり濡れたくはないけれど、スリルは味わいたいという人はポンチョを購入して中段の席に座ってみよう。

豪快な水しぶきに大歓声が上がるオーシャンスタジアム 豪快な水しぶきに大歓声が上がるオーシャンスタジアム

水族館の展示も見逃せない

イルカやアザラシ、トドなどが住む太平洋の5つの海を再現した「ロッキーワールド」、ペンギンやアザラシがいる南極圏、北極圏の海「ポーラーアドベンチャー」など、動物たちを本来の生息環境に近い状態で見ることができる展示もここの特徴だ。「水の一生」をテーマに源流から海への流れを再現した「エコアクアローム」では地元房総の川と海の生き物を見られる。色とりどりの熱帯の魚が泳ぐサンゴ環礁の海「トロピカルアイランド」、クラゲが泳ぐ「クラゲライフ」など、水族館の展示も時間をかけて見学したいものばかり。食事のできるところは隣接するホテルのレストラン「サンクルーズ」、シャチを眺めながら本格的なコース料理を食べられる「オーシャン」、気軽に食事のできるフードコート「マウリ」の3か所。オリジナルのグッズの品ぞろえ豊富なショップもあり、たっぷり1日あっても時間が足りないほどの充実したスポットだ。

トロピカルアイランド最深部に位置する大水槽「無限の海」には自然光が届く トロピカルアイランド最深部に位置する大水槽「無限の海」には自然光が届く

眺めているとゆったりとした気分になれるクラゲの展示「クラゲライフ」 眺めているとゆったりとした気分になれるクラゲの展示「クラゲライフ」

海の中をイメージしたレストラン「オーシャン」では、シャチの泳ぐ姿をガラス越しにのぞける 海の中をイメージしたレストラン「オーシャン」では、シャチの泳ぐ姿をガラス越しにのぞける

スポット詳細

住所
千葉県鴨川市東町1464-18
電話番号
0470934803
時間
9:00-16:00(チケット販売は閉館1時間前まで)
※季節・曜日により変動あり(要確認)
休業日
不定休
料金
【入館料】
[大人(高校生以上)]3,000円
[小人(小・中学生)]1,800円
[幼児(4歳以上)]1,200円
[60歳以上]2,400円
駐車場
あり(1,200台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD)
滞在目安時間
120分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※営業時間の詳細についてはホームページ参照
https://www.kamogawa-seaworld.jp/

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 満足しています^^
    5.0 投稿日:2022.07.07
    シャチのショーに感動して涙が出ました!シャチの可愛さと調教師さんのシャチ愛と飛んでくる水しぶきに大興奮でした。また、行きたいです。
  • もう行かない。
    1.0 投稿日:2022.07.01
    行く前はそれほど気にしてなかったんですが、いろいろ見て回るうちに、「ああ、動物の立場に立ったら、見世物にされて監禁されてるって、生き物として全く自由がないな」と思いました。それと、ショーを見てても、「きっとイルカやシャチは、アシカもだけど、人間と違う楽しみ方をするのだから、本来は広大な海に住んでいるはずなのに、またその体力や運動能力も自然界で生きていくように出来ているのに、こんなことしたくない...
  • 楽しかったです!
    5.0 投稿日:2022.06.21
    シャチ好きにはたまらない水族館です!ショーの口コミ評価がバラバラなのは、その日のシャチ達の気分に合わせた内容なのでしょうがないかなと…気分が乗らないなら無理にやらせない、ショーはシャチが楽しむ延長線上にあるという姿勢が逆に好感持てます。トレーナーさんが入水しない時は何か問題が起こった時なので、どのシャチが機嫌悪いのか?誰と誰が喧嘩してるのか?ボイコットして何して遊んでるのか?や、逆にボ...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          鴨川・勝浦エリアのおすすめスポット

          千葉のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました