岩櫃城跡

城/城址

国指定史跡に登録された戦国武将・真田氏ゆかりの山城

岩櫃山の中腹に築城され、厳しい岩肌に守られた「岩櫃城」。戦国時代の真田氏の拠点として広く知られる名城だ。岩櫃山には登山道が整備され、歴史散策を楽しみながら絶景も堪能できる。

標高802.6mの岩山・岩櫃山。切り立った絶壁が天然の要塞として岩櫃城を守った 標高802.6mの岩山・岩櫃山。切り立った絶壁が天然の要塞として岩櫃城を守った

国指定史跡の名城・岩櫃城の歴史的価値とは?

東吾妻町には、岩櫃城跡のほかにも、手子丸城跡や岩下城跡など、多くの城跡が残されている。中世後期の動乱の時代、吾妻地域は、斎藤氏や真田氏によって栄え、多くの城が築かれた。
そのなかでも代表的な岩櫃城は、岩櫃山の中腹に築城され、険しい岩肌に守られた天然の要塞だ。戦国時代の1563年(永禄6)、真田幸綱(幸隆)によって落城されて以来、真田氏の拠点となった。信繁(幸村)が幼少期を過ごした場所ともいわれており、上田から沼田までの真田道の中間地点にあるため重要視された。1615年(慶長20)に徳川家康が発令した「一国一城令」によって破却されるまで、真田氏の領国経営として重要な役割を果たした。「続日本100名城」に数えられ、その歴史的価値から、2019年(令和元)、国指定史跡にも登録された。

本丸址には、「櫓台」(やぐらだい)と呼ばれるかつて櫓があったと思われる高台が残されている 本丸址には、「櫓台」(やぐらだい)と呼ばれるかつて櫓があったと思われる高台が残されている

登山の末にたどり着く名城の跡

現在、岩櫃山中腹に残る本丸址までは、堀や曲輪を通る登山道が整備され、戦国時代を代表する名城の跡を訪ねることができる。登山道入り口には観光案内所があり、要所要所に案内看板も設置されているため、迷わずたどり着くことができる。深い森のなかを進む登山道は、すがすがしい空気に満たされ森林浴も楽しめる。本丸址にはあずまやもあり、登山の疲れを取りながら、戦国の時代に思いを馳せながらほっとひと息つこう。下界を見下ろす眺望もすばらしく、登山の疲れを癒やしてくれる。本丸址までは15分ほどの登山だが、本格的な登山道なので装備は万全に。クマの目撃情報もある地域なので、ラジオや熊鈴も持参しよう。
また、登山を楽しむなら岩櫃山の山頂もぜひ制覇してみて。山頂からは、吾妻エリアの街並みや遠く上州の山々がそびえる絶景を堪能できる。

本丸址では木々の間から吾妻の街並みを望める 本丸址では木々の間から吾妻の街並みを望める

岩櫃山頂からの眺望は絶景 岩櫃山頂からの眺望は絶景

歴史スポットが点在する岩櫃山

岩櫃山には、岩櫃城跡以外にも、真田昌幸が武田の再興を図ろうと造った御殿「潜龍院跡」や、山頂近くにある「鷹の巣岩陰遺跡」など、数々の歴史的名所が存在する。「鷹の巣岩陰遺跡」は、弥生時代の「再葬墓」と呼ばれる墓の可能性があるとされ、遺跡からは、弥生人の骨や壺などが出土している。
また、岩櫃城跡の北東・観音山の山頂にある「柳沢城跡」は「岩鼓の要害」と呼ばれ、岩櫃城跡の出丸と考えられている。岩櫃城跡と合わせてぜひ訪れたい。そのほか、柳沢城跡のふもとに残る、百基の観音が祀られていたと伝わる「観音山不動堂」や、お堂の脇の「観音山不動滝」も立ち寄りたいスポット。特に、水しぶきを上げて流れ落ちる不動滝は見ごたえがある。

岩櫃山とつながる観音山のふもとに建つ「観音山不動堂」 岩櫃山とつながる観音山のふもとに建つ「観音山不動堂」

冬には滝の水が凍結し、氷の彫刻へと景色を変える「観音山不動滝」 冬には滝の水が凍結し、氷の彫刻へと景色を変える「観音山不動滝」

スポット詳細

住所
群馬県吾妻郡東吾妻町
エリア
吾妻エリア
料金
無料
駐車場
あり(70台)
※平沢登山口駐車場

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          吾妻エリアのおすすめスポット

          群馬のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました