関連する記事

関連する観光コース

- 栃木 PHOTO ALBUM -

banner_photo

足尾銅山観光

日本有数の鉱山の坑道跡をトロッコで見学

かつて日本一の鉱都として、閉山まで約400年も日本の銅産業を支えた栃木県日光市の「足尾銅山」。坑道の一部は観光用に開放されており、トロッコ電車に乗って内部を見学できる。各年代の採掘作業の過程を知るとともに、銅山の歴史や採掘の仕組みを学ぶことができる。

place

栃木県日光市足尾町通洞9-2 (日光・鬼怒川・中禅寺湖エリア)

phone 0288933240

足尾銅山 (足尾銅山観光)の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/12/15 自然破壊を体感できるところ
永らく銅を採掘し続けると、自然を破壊しつくし、近隣の山々は青々としているのに拘らず、こんな姿になる…と言う見本。公害運動の初め&訴訟の最初となるのも納得。それでも40年前と比べ山の緑はかなり回復、関係者の相当な努力は実感できます。鉱山見学も楽しいツアーです。
投稿日:2020/11/16 思いのほかスリリング
今は日光市となる足尾ですが、日光観光しても多くの方はスルーでしょうし、群馬県側からアクセスするにもちょっと遠い場所なので、今まで縁がありませんでした。
田中正造ゆかりの地に住む者として、ここの存在は子供の頃から知っていましたが…
駐車場代は無料で入坑料も830円とリーズナブル。
坑道内部に行く際はトロッコ列車に乗って向かうので、子供も喜びそう。
(さすがに内容は渋いですが…)
過去に佐渡や土肥金山...
投稿日:2020/10/31 坑内を歩いて回るとリアルな展示が⋯
トロッコ列車に乗って薄暗い坑内の駅に着くとその先は江戸時代の坑夫たちが作業している坑道。歩いていくと展示が明治・大正時代、昭和時代と時間を戻ってくるように展開していきます。坑夫の人形はとてもリアルでタイムトラベルのようで楽しめました。

無料の駐車場からすぐのところに「入坑券売り場」がありました。建物に入ると早速岩石を砕く作業中の坑夫(もちろん人形ですがリアル)が出迎えてくれます。そこがトロッコ列...

おすすめ記事

詳細情報

住所
栃木県日光市足尾町通洞9-2 [地図]
エリア
日光・鬼怒川・中禅寺湖エリア
電話番号
0288933240
時間
9:00-16:15(閉園17:00)
休業日
無休
料金
【入場料】
[大人]830円
[小・中学生]410円
駐車場
あり(100台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay、LINE Pay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          栃木 の主要エリア

          around-area-map

          日光で知られる栃木県は、海岸を持たない内陸県で、農産物の豊富な地域です。 東京からは比較的簡単にアクセスでき、新幹線では東京から宇都宮まで約50分で到着できます。大阪や名古屋からアクセスする場合は電車が一般的です。 栃木県は、国の重要文化財や史跡が数多くあり、中でも有名なのが日光にある「東照宮」です。歴史的価値もさることながら、境内はとても広く癒しのある風景を楽しめます。 牧歌的な景観の「那須高原」や、マイナスイオン溢れる「華厳の滝」など、内陸ならではの自然も堪能できます。その他にも、世界の遺跡をミニチュア化した「東武ワールドスクエア」や600頭の動物と触れ合える「那須どうぶつ王国」など、テーマパークも楽しめます。 栃木県は、観光以外でもグルメで町おこしを行っており、宇都宮餃子はご当地グルメとして人気です。市内には、餃子を扱うお店が約200店舗ほどあり、さまざまな味の餃子を味わえます。