谷川岳

日本百名山のひとつ、登山家たちを魅了する山

2017年(平成29)、ユネスコエコパークに登録されたみなかみ町を象徴するのが谷川岳。日本百名山のひとつで、標高1963mのトマノ耳、標高1977mのオキノ耳という2つのいただきを持つ。高山植物の宝庫、ロッククライミングの聖地などさまざまな顔がある。

アルピニストの憧れの的・一ノ倉沢 アルピニストの憧れの的・一ノ倉沢

穏やかな顔と厳しい顔を持つ

交通の便が良く、首都圏から日帰りできる谷川岳は多くの登山客の訪れる人気の山。谷川岳ロープウェイや天神峠ペアリフトが設置され、初級者から上級者まで楽しめる豊富な登山コースが設けられているのが理由のひとつ。
その一方で、この山はロッククライミングの聖地としても知られるほど、険しい岩場を持つ。一ノ倉沢付近は、剱岳・穂高岳と並び、日本三大岩場のひとつに数えられている。天候の変化も激しく、穏やかな顔と厳しい顔を合わせ持つ山だということは知っておきたい。

年間4万人もの登山客が訪れる 年間4万人もの登山客が訪れる

親子連れにぴったり一ノ倉沢までの散策道

小さな子ども連れや、足腰に自信がない人にオススメは、谷川岳山岳資料館周辺から一ノ倉沢まで続く谷川岳一ノ倉沢道路(国道291号線)を散策するコース。片道3.3㎞、ゆるやかな舗装道になっているため、スニーカーで気軽に散策可能だ。
ほとんどの道程はブナ林に覆われているため、夏でも涼しい。
途中、さまざまな高山植物を見ることができ、マチガ沢などの絶景ポイントもある。林道を抜け、目の前に万年雪の一ノ倉沢が見えたときはテンションアップすること間違いなしだ。
この道路には1時間に1本の割合で電気バスが運行している。高齢者や体の不自由な人が優先だが、どうしても疲れてしまったときは利用してもいいだろう。運賃は無料だが、ガイド料として1人500円がかかる。

谷川岳一ノ倉沢道路は自然環境保護のため、一般車の通行規制を実施 谷川岳一ノ倉沢道路は自然環境保護のため、一般車の通行規制を実施

初夏から秋は高山植物のお花畑

高山植物を楽しみたい人は、谷川岳ロープウェイの終着地点・天神平駅からペアリフトの終着地点・天神峠駅周辺を散策するといいだろう。5月はカタクリや水芭蕉、7月はニッコウキスゲの群生が見事だ。ほかにもショウジョウバカマ、シラネアオイ、シャクナゲ、トリカブト、など初夏から秋まで次々と可憐な花が咲き誇る。
天神平駅にはレストラン「ビューテラスてんじん」が隣接している。大きな窓から谷川連峰を眺めながら、カレーやそば、コーヒーなどの軽食を楽しめる。
山頂を目指したい人は、谷川岳ロープウェイ天神平駅から約5時間の「谷川岳山頂登山コース」がオススメだ。道程は天神平駅から尾根づたいに歩いてオキノ耳、トマノ耳という2つの山頂を制覇。ここでは、360度グルリと見渡せる大迫力の景色に出合える。

鳥居が設置され、不思議な景観の天神峠展望台 鳥居が設置され、不思議な景観の天神峠展望台

オキノ耳からトマノ耳へは徒歩10~15分ほど オキノ耳からトマノ耳へは徒歩10~15分ほど

スポット詳細

住所
群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽
駐車場
あり 普通車約900台、バス約30台
※有料

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          沼田利根エリアのおすすめスポット

          群馬のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました