那須どうぶつ王国

動物園

150種もの動物たちに大接近! 迫力満点のパフォーマンスは必見

那須高原の自然を生かした、東京ドームの約10倍の43ヘクタール(43万平方メートル)という広大な敷地内で、150種600頭もの動物たちが元気に暮らす動物園。エサやり体験などで触れ合える動物も多く、丸一日楽しめるだけに、上手に計画を立ててたくさんの動物に会いたい。

「マヌルネコのうた」で人気に火がついたマヌルネコ 「マヌルネコのうた」で人気に火がついたマヌルネコ

ポイントは、見たいパフォーマンスの時間を軸にすること

那須どうぶつ王国は、全天候型回廊の「王国タウン」と、羊やラクダ、アルパカなどに触れ合える屋外が中心の「王国ファーム」という、2つのエリアに分かれている。園内入ってすぐに王国タウンがあるが、動物のパフォーマンスに参加したい場合には、その時間を逃さないように移動するのがポイントだ。
那須どうぶつ王国では「フリーフライトバードパフォーマンス」や「アクアステージ」など多彩なパフォーマンスが人気を博している。開催時間が日によって変更されるため、行く前に公式サイトをチェックしておこう。どの時間のパフォーマンスに参加するかをまず決めて、それを軸に移動するのがいい。
王国タウンと王国ファームの行き来には無料バスの「ワンニャンバス」を利用。犬や猫、カピバラなど動物の姿をデザインしたバスで、動物の鳴き声も再現していてとてもかわいい。どの動物のバスが来るかを楽しみに待とう。

カピバラのバスに乗って、王国タウンと王国ファームを行き来しよう カピバラのバスに乗って、王国タウンと王国ファームを行き来しよう

「幻の」ホッキョクオオカミを国内初展示

屋内で天候を気にせず楽しめる王国タウン。「オオカミの丘」には、国内で唯一の展示であるホッキョクオオカミがいる。2020年(令和2)7月と11月にドイツの動物園からやってきたオオカミで、全3頭。ホッキョクオオカミはグリーンランドやカナダ北部など、オオカミのなかでも最北に暮らしており、雪景色に溶け込むよう全身が白い毛で覆われている。その美しい姿をぜひ目に焼きつけよう。
那須どうぶつ王国といえば、あの動物を思い浮かべる人も多いはず。ラップ調のテーマソングでおなじみ、マヌルネコ。世界最古のネコといわれ、ずんぐりむっくりとした体型、もふもふの毛並みがたまらなく愛らしいが、時折、するどい表情も見せる。『マヌルネコのうた』はオフィシャル動画サイトで閲覧できるので要チェック。一度聴いてしまうと頭から離れなくなるかも。

ホッキョクオオカミ。運が良ければ遠吠えを聞けるかも ホッキョクオオカミ。運が良ければ遠吠えを聞けるかも

「アジアの森」ではレッサーパンダ、ユーラシアカワウソ、ビントロングがいる 「アジアの森」ではレッサーパンダ、ユーラシアカワウソ、ビントロングがいる

「カピバラの森」は間近を歩くカピバラにエサやりができる。温泉に浸かる様子や水中遊泳する姿にも癒やされる 「カピバラの森」は間近を歩くカピバラにエサやりができる。温泉に浸かる様子や水中遊泳する姿にも癒やされる

感動のバードパフォーマンス! 鳥たちの雄姿をご覧あれ

雄大な那須の自然のもとでさまざまな動物にふれあえる王国ファーム。フタコブラクダの背中に乗れる「ラクダライド」や、馬に乗れる「引き馬」、アルパカへのエサやりなど各種体験メニューがめじろ押しで、繁忙期のみ開催される「ジャブジャブ池」でのイワナ釣りも人気のエリアだ。
そのなかでも「スカイスタジアム」で開催される「フリーフライトバードパフォーマンスBROAD」は、感動間違いなし! まず開始と同時に目にする鳥の姿に度肝を抜かれる。数百メートルも離れた場所から、バードトレーナーの合図で飛んでくるのだ。遠すぎて最初は肉眼で追えないほどの距離になる。登場する鳥はハリスホーク、ワシミミズク、ハクトウワシ、ハヤブサなどの猛禽類にインコまで。驚くのは登場シーンのみならず観客の頭上近くを何度も飛び交う姿。迫力、スリル満点! 圧巻の雄姿に酔いしれて。

圧巻のパフォーマンスは、飼育員との信頼関係あってこそ 圧巻のパフォーマンスは、飼育員との信頼関係あってこそ

驚きと感動、そして大切なことを伝える動物園

「フリーフライトバードパフォーマンスBROAD」は鳥それぞれの生態や特徴について解説を交えながら進み、最後は色鮮やかなインコによるフライト。そして「鳥たちをもっと好きになって、鳥たちにとって住みよい環境を考える機会にしてほしい」という、バードトレーナーの言葉で幕を閉じる。
那須どうぶつ王国は環境保全への取り組みの一環として、野生動物の保護に力を注いでいる。王国タウン「保全の森」内にいる動物も、絶滅の危機に瀕している動物の近縁種としてシミュレーション飼育・展示されている動物がいる。繁殖に関連するデータなど保護に役立つ情報を、他の動物園とも意見交換しながら、飼育技術の向上に努めている。
数多くの動物の愛らしい姿に癒やされ、雄々しい姿に見惚れながら、王国スタッフのひたむきな愛情も感じとれる、そんな動物園。ここでしか味わえない感動にひたりたい。

バードショーの締めに登場するインコ バードショーの締めに登場するインコ

スポット詳細

住所
栃木県那須郡那須町大島1042-1
電話番号
0287771110
時間
HPをご覧ください
http://www.nasu-oukoku.com/
休業日
HPをご覧ください
料金
【入国料】
[中学生以上]2,400円
[3歳以上]1,000円

【入国料(冬季)】
[中学生以上]1,400円
[3歳以上]700円
駐車場
あり(2,000台)
※700円
クレジットカード
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、WAON)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
平均予算
【昼】3,001-5,000円
滞在目安時間
120分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(一部のみ)
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

チケット情報

更新日:2022.06.26

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 那須どうぶつ王国内です
    5.0 投稿日:2019.10.20
    那須どうぶつ王国の一番奥の,カンガルーやアルパカの近くにあります.アルパカをモチーフにした「アルパカレー」が人気で,見た目だけでなく味もおいしかったです.
  • 値段は高め
    4.0 投稿日:2018.04.03
    値段はちょっと高めですが、観光地にありがちなマズイ料理ではなく結構おいしくいただけました。牧場の景色を見ながっら食べられます。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          那須高原エリアのおすすめスポット

          栃木のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました