奥出雲たたらと刀剣館

博物館/科学館

奥出雲で古来守られてきた「たたら製鉄」を紹介

出雲地方南部の奥出雲は古来、砂鉄と木炭で鉄を製錬する日本独自の「たたら製鉄」が行われた地で、日本遺産「出雲の國たたら風土記-鉄づくり千年が生んだ物語」に認定されている。奥出雲たたらと刀剣館は、たたら製鉄を総合的に紹介する施設だ。

八岐大蛇をイメージして作られたモニュメント 八岐大蛇をイメージして作られたモニュメント

たたら製鉄について理解を深めたい

奥出雲たたらと刀剣館は奥出雲の町を見渡す丘にあり、巨大な八岐大蛇のモニュメントが迎えてくれる。奥出雲は日本独自の「たたら製鉄」が行われていた。近代製鉄に押され産業としては終焉を迎えたが、玉鋼を生産するため、たたら製鉄の火は引き継がれている。「たたら」とはもともと送風装置「吹子(ふいご)」を意味するとされ、『古事記』や『日本書紀』にもその名が記されている。粘土で築かれた炉に砂鉄と木炭をくべ、吹子で風を送り、砂鉄の不純物を取り除いて純粋な鉄を作る。炉を壊して鉄類の塊「ぼ(けら)」を取り出す。こうしてできたぼの中から鋼、「玉鋼」を選び出す。日本刀の材料となる玉鋼が底をついた1977年(昭和52)、奥出雲町にあったたたらの施設を再生して日本美術刀剣保存協会が「日刀保たたら」を開設し、玉鋼の生産を続けている(非公開)。

吹子の模型も迫力がある 吹子の模型も迫力がある

たたら炉の断面を原寸大模型で展示 たたら炉の断面を原寸大模型で展示

なりきり撮影もしてみたい

奥出雲たたらと刀剣館では、たたら製鉄のあれこれをパネルや模型でわかりやすく紹介している。「日刀保たたら」での操業の様子も映像で紹介する。また、実物大のたたら炉の断面模型は、その複雑な構造と巨大さに感嘆。吹子の変遷を示す実験模型も3種類ある。玉鋼で作った『黒刀 月下の笹(ささ)』を常設展示しているが、人気アニメの主人公がもつ黒刀に似ていると話題になったため、なりきり撮影用に、受付で主人公が着ていた格子柄の羽織を希望者に貸し出している。別棟には「日本刀鍛錬場」があり、地元の刀匠による日本刀鍛錬実演がある(毎月第2日曜、第4土曜に実施)。

人気アニメ主人公の刀に似ていると注目される『黒刀 月下の笹』 人気アニメ主人公の刀に似ていると注目される『黒刀 月下の笹』

奥出雲の壮大な歴史を知ろう

日本遺産「出雲の國たたら風土記-鉄づくり千年が生んだ物語」のストーリーはこうだ。「鉄穴(かんな)流し」で、山を切り崩して土砂を水路状の鉄穴流し本場に流し込み、比重選鉱という方法で砂鉄を採取。崩した跡地は農地へ再生。採取したあとの土は下流の出雲平野や安来平野へ堆積して蕎麦や仁多米(にたまい)の豊かな穀倉地帯を生み、木炭製造のため山林を約30年周期で伐採する循環利用は自然豊かな森を残した。砂鉄と木炭はたたら場と呼ばれる製鉄工場で鉄となり、安来などの港から北前船で全国へ。砂鉄採取の影響で氾濫する川を八岐大蛇、退治した大蛇から取り出した剣を製鉄の象徴というように、たたら製鉄の歴史に神話を重ね合わせながら語り継いできた。こんな壮大な歴史を知ってから、奥出雲を訪ねるのがおすすめ。

周辺の関連施設もチェック

鉄の守護神を祀る金屋子神社(かなやごじんじゃ)の総本社(安来市広瀬町)など、周辺にはたたら製鉄関連のスポットが多い。たたら製鉄に従事していた人々の集落「菅谷(すがや)たたら山内」(雲南市吉田町)には、たたら製鉄が操業されていた「高殿(たかどの)」と呼ばれる生産施設が残る。近くには「山内生活伝承館」もある。「絲原(いとはら)記念館」(奥出雲町)は絲原家に伝わるたたらの資料や美術工芸品などを展示する。和鋼博物館(安来市)では「天秤ふいご」の展示などがある。また、雲南市、奥出雲町では2017年(平成29)に劇場公開された映画『たたら侍』のロケが行われた。この映画はモントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で最優秀芸術賞に輝いている。

興味深く「たたら製鉄」と「刀剣」について学べる展示 興味深く「たたら製鉄」と「刀剣」について学べる展示

別棟の「日本刀鍛錬場」では月に2回、実演を見学できる(詳しくは公式サイトを確認しよう) 別棟の「日本刀鍛錬場」では月に2回、実演を見学できる(詳しくは公式サイトを確認しよう)

スポット詳細

住所
島根県仁多郡奥出雲町横田1380-1
電話番号
0854522770
時間
9:30-17:00(受付は16:30まで)
休業日
月(祝の場合は翌日)、年末年始(12/28-1/4)
料金
[入場料]530円(鍛錬実演は1,270円)
駐車場
あり(30台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(Okuizumo_Free_Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(館内説明用英語パンフレット)
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 伝える側と伝わる側、両方。
    4.0 投稿日:2020.07.06
    たたらではどうやって製鉄をしていたのかをさまざまな展示でわかりやすく教えてくれる博物館です。実物大のたたらもすごいですが、実際の作業を撮影したビデオも良かったですし小さいながらプロジェクションマッピングでの展示もありました。日本刀を作るために必要な玉鋼はここのやり方でしかとれなかったそうです。特別展として現代のアーティストが作ったという美しい日本刀の展示も見ることが出来ました。こうやって技術を伝え...
  • 刀剣が見られます
    5.0 投稿日:2020.02.01
    たたら製鉄について学べるとともに、刀剣も見ることができます。穴場スポット!VTRを観るときにお茶をいただきました。
  • 丘の上の
    3.0 投稿日:2019.09.16
    展示施設です周辺で歴史のあるたたら製鉄に関してわかりやすく展示されてれていますJAFの団体割引が三人から適用されます

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          奥出雲エリアのおすすめスポット

          島根のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました