旧森川家住宅

歴史的建造物

大正期の姿をよく残した質の高い和風住宅

塩田経営を背景に作られた大正時代の質の高い屋敷。大正5年頃移築された。主屋や離れ座敷、茶室や土蔵など8棟の建物から成っており、茶室は小堀遠州流の茶人・不二庵の設計によるもの。大正期の面影が色濃く残る建物である。竹原市の重要文化財に指定されている。

スポット詳細

住所
広島県竹原市中央3-16-33
電話番号
0846228118
時間
10:00-16:00(最終入館15:30)
休業日
木(祝の場合は開館)、12/27-1/3
料金
【入館料】
[大人]400円
[18歳以下・市内の75歳以上]無料
駐車場
道の駅たけはら(48台)新町市営駐車場(47台)

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 立派な邸宅
    4.0 投稿日:2020.02.18
    竹原市の邸宅のなかで一番立派な邸宅でした。大正時代の建築ですが、純和風です。部屋数が多く、縁側からは庭園も楽しめます。
  • 趣きのある部屋
    4.0 投稿日:2019.08.24
    竹原町並み保存地区のほぼ入口に近いところに建てられている。明治前期の塩田経営を背景にした富豪・山路家の母屋を対象時代に移築したもの。座敷・茶室・土蔵などがそのまま残っている。入館料300円。
  • 竹原市の重要文化財
    5.0 投稿日:2019.07.21
    森川邸は、日の出写真館の近くにある古い住宅建築です。塩田による富で建てられた豪華な建物で、竹原市の重要文化財に指定されています。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          広島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました