文学のこみち

ハイキング/ウォーキング

尾道ゆかりの文人たちの作品に触れながら散策しよう

この碑の筆者小林正雄氏は、林芙美子の小学校時代の恩師 この碑の筆者小林正雄氏は、林芙美子の小学校時代の恩師

千光寺ロープウェイ山頂駅から千光寺まで続く、全長約1kmの散策路。尾道ゆかりの林芙美子、志賀直哉をはじめ、松尾芭蕉、正岡子規らの作品の一節が25の自然岩に刻まれている。温暖な気候と風光明媚なこの町には多くの文人墨客が訪れていて、刻まれた詩歌、小説はすべて尾道に縁のある人物や、町の様子を詠ったものだ。なかでも林芙美子の碑には、代表作『放浪記』の「海が見えた」の一節が刻まれ、後方に尾道水道や行き交うロープウェイが眺められる人気の撮影スポットになっている。自然に囲まれたなかをゆっくりと下りながら作家たちの愛した風景を眺め、石碑に刻まれた一文を読んでいると、まるで作家たちの声が聞こえてきそうに思えてくる。

地道だが歩きやすいルートになっている 地道だが歩きやすいルートになっている

碑にはそれぞれ説明の看板が立ててあるのでわかりやすい 碑にはそれぞれ説明の看板が立ててあるのでわかりやすい

「文学のこみち」から見える尾道水道 「文学のこみち」から見える尾道水道

スポット詳細

住所
広島県尾道市東土堂町
エリア
尾道エリア
駐車場
有り

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          尾道エリアのおすすめスポット

          広島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました