アレイからすこじま

公園/緑地

国内で唯一、陸から潜水艦を間近に見ることができる公園

かつての潜水艦専用桟橋を公園として整備したのが「アレイからすこじま」。護岸施設やレンガ造りの倉庫群、そしてなによりイカリを下ろした潜水艦や護衛艦を陸から間近に見られることが魅力だ。

名前のもとになった小道(英語でアレイ)。道路の向こうには風情ある赤レンガの倉庫が続く 名前のもとになった小道(英語でアレイ)。道路の向こうには風情ある赤レンガの倉庫が続く

名前は「烏小島(からすこじま)の小道」の意味

「アレイからすこじま」は、1985年(昭和60)に海上自衛隊第一潜水隊群司令部前から護岸沿いの約300mの車道に沿って整備された公園だ。その不思議な名前には、呉が海運の本拠地だった歴史が反映されている。まず1895年(明治28)に呉海軍工廠(こうしょう)の前身、呉鎮守府造船部が神戸から移されたとき、花崗岩の切石積護岸が築かれた。それ以前に呉浦にあった周囲30-40mのカモメが羽を休める場所だった「烏小島」(からすこじま)は、大正初めに魚雷発射訓練場として埋め立てられて陸続きに。続いて潜水艦専用の桟橋として使われたあと、公園として整備された。「アレイからすこじま」の名前は、「烏小島」の名前と、英語で小道を表す「アレイ」を組み合わせている。

桟橋への立入は禁止だが陸から潜水艦がこんな風に見える。迫力満点だ 桟橋への立入は禁止だが陸から潜水艦がこんな風に見える。迫力満点だ

レトロな雰囲気を醸し出すレンガ造りの倉庫群

「アレイからすこじま」の道路の向かいにある倉庫群は、旧海軍工廠の前身である呉鎮守府造船部時代に建てられたもの。空襲で被害を受け、建設当初よりも奥行きが短くなっているが、戦後は民間会社の倉庫として利用され、レトロな雰囲気を醸している。また、軍港の時代に使われ、戦火を逃れた旧魚雷積載用クレーンもモニュメントとして設置してある。「整然と積まれた花崗岩の護岸、巧みに加工された石階段、クレーン等、旧呉鎮守府兵器部の施設が保存され、公園化されている」ということが評価され、2009年(平成21)に「旧呉鎮守府兵器部護岸及び関連施設」として土木学会選奨土木遺産に認定されている。

旧魚雷積載用クレーンは、軍港だった証(あかし) 旧魚雷積載用クレーンは、軍港だった証(あかし)

とにかく潜水艦や護衛艦が近い!

こうした歴史的建造物が残っているのもさることながら「アレイからすこじま」のいちばんの魅力は、陸上から間近に、停泊する潜水艦や護衛艦を見られることだろう。海上から見る「呉港艦船巡り」もあるが、陸から、しかも無料で潜水艦の姿を近くで見ることができるのはここだけという。何隻も潜水艦が停泊している姿は感動ものだ。日没時には自衛隊旗降下のラッパを聞くことができる。

小道の一角に「アレイからすこじま」が日本遺産の構成文化財であることを説明する案内板がある 小道の一角に「アレイからすこじま」が日本遺産の構成文化財であることを説明する案内板がある

軍港として栄えた呉らしい風景を眺められる。潮の香りがする港の雰囲気もいい 軍港として栄えた呉らしい風景を眺められる。潮の香りがする港の雰囲気もいい

海上自衛隊の潜水艦と護衛艦が並ぶ風景はなかなか壮観だ 海上自衛隊の潜水艦と護衛艦が並ぶ風景はなかなか壮観だ

スポット詳細

住所
広島県呉市昭和町
エリア
呉エリア
電話番号
0823237845
時間
見学自由
休業日
見学自由
料金
見学自由
駐車場
あり(41台)
クレジットカード
不可
備考
[くれ観光情報プラザ]0823-23-7845

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          呉エリアのおすすめスポット

          広島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました