浄土平

活火山が造り出した山上のパラダイス

鎌沼へのハイキングコースから見た吾妻小富士。右のミニカルデラに樋沼が見える 鎌沼へのハイキングコースから見た吾妻小富士。右のミニカルデラに樋沼が見える

磐梯吾妻スカイラインの中間点にある。標高1575mで亜高山帯だが、風が強く積雪量も多いため高山帯の植生が見られ、磐梯朝日国立公園内の特別保護地区に指定されている。目の前で噴気を上げる一切経山の火山灰が堆積、風化してできた浄土平湿原に木道が整備されており、可憐な高山植物を見ながら一周15-30分で散策できる。県道の向かいにそびえる標高1707mの吾妻小富士もぜひおすすめ。火口壁まで10-15分、すり鉢状の噴火口を一周するお鉢巡りは40-60分。福島盆地のパノラマがすばらしい。吾妻小富士はふもとからもよく見えて、昔からこの山腹に「雪うさぎ」と呼ばれる雪形が現れると農家が種まきを始めたという。福島市のゆるキャラ「ももりん」はこの雪うさぎがモチーフになっている。なお、磐梯吾妻スカイラインは通行無料だが、浄土平の駐車場は有料。9月下旬の紅葉の頃は混雑し、駐車場待ちの渋滞も起きるので、早朝に訪れるのが賢明。

火山活動が活発で、常に火山性ガスが発生している場所がある。ハイキングコースなどをはずれないようにしよう 火山活動が活発で、常に火山性ガスが発生している場所がある。ハイキングコースなどをはずれないようにしよう

浄土平湿原には多くの池塘があり、夏になると周辺にチングルマやワタスゲの群落が現れる 浄土平湿原には多くの池塘があり、夏になると周辺にチングルマやワタスゲの群落が現れる

(左上から時計回りに)マルバシモツケ、クロマメノキと白いハナゴケ、オヤマリンドウ、ヤマハハコ(9月中旬に撮影) (左上から時計回りに)マルバシモツケ、クロマメノキと白いハナゴケ、オヤマリンドウ、ヤマハハコ(9月中旬に撮影)

スポット詳細

住所
福島県福島市土湯温泉町鷲倉山

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          磐梯高原・猪苗代エリアのおすすめスポット

          福島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました