関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

創作料理の店 蔵よし

江戸時代の造り酒屋の土蔵が店舗になっている「蔵よし」は、「世界一天ざる」「世界一上天ざる」「かも鍋」そして黒石名物「つゆ焼きそば」が名物だ。世界一天ざると世界一上天ざるのボリュームとその価格には驚くが人気の理由がわかる。その他、単品ものや和食を中心とした食事のメニューも充実している。弘南鉄道弘南線「黒石駅」から徒歩10分。

place

青森県黒石市横町13 (弘前エリア)

phone 0172532111

蔵よしの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/24 量も味も最高でした
つゆ焼きそばセット「津軽」を頂きましたが、大変美味しかったです。

つゆ焼きそば・お寿司・茶碗蒸し・嶽きみのてんぷら・抹茶のアイスどれを食べても、美味しく、税込1650円だけの支払いでは足りないのではないか?と思ってしまうほどでした。

女将さんも笑顔が素敵で、とても親切なお方でした。無料提供のお茶もとても美味しかったです。

またぜひ行きたいです!
投稿日:2019/03/06 夜も開いている小料理屋さん
黒石市街地から近いところで晩御飯を食べれるところを探して入店。4人がけの座敷または椅子席の好きな方へと通されました。

つゆ焼きそばは単品で800円強、セットの御膳にすると1300円から1500円ほどです。セットにするとつゆ焼きそばはミニサイズになりますが、推しメニューの「嶽きみの天ぷら」が付きます。
気持ちの良い接客で、おいしい料理を頂けました。
投稿日:2018/07/28 つゆ焼きそばのお店。お寿司も良し。
青森空港に到着後、弘前城に行く途中に黒石に寄り、そこでつゆ焼きそばを食べました。入ってみたところ、個室が多い料理店であり、様々なメニューが用意されており、地元の大きな料理店という印象です。
つゆ焼きそばにも、しめじやエビの天婦羅を乗せてくれてました。合わせてお寿司も食べましたが、こちらも絶品。ぜひ、お召がありを。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県黒石市横町13 [地図]
エリア
弘前エリア
電話番号
0172532111
時間
11:00-15:00/17:00-21:30(L.O.20:45)
休業日
水、8/13、12/31-1/1
駐車場
あり(普通車30台、大型バス2台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、楽天ペイ、メルPAY、d払い、auPAY)
Wi-Fi
あり(NTTギガらくWi-Fi)
コンセント口
あり(5口)
喫煙
その他(部屋により異なる)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
乳幼児の入店
備考
公式サイト:http://kurayoshi.info/

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。