西行戻しの松公園

公園/緑地

桜の名所としても知られる松島のビュースポット

日本三景のひとつ松島の高台に広がる公園「西行戻しの松公園」は、大小さまざまの島が浮かぶ松島湾の美景を一望できるビュースポット。また、春になると園内の桜が咲き乱れ、桜と松島湾のコラボレーションも楽しめる。

約260の島々が浮かぶ松島湾 約260の島々が浮かぶ松島湾

西行法師の伝説が残る土地

松島海岸駅から車で約3分。距離にすると1.5kmほどで歩くこともできるが、急こう配の坂道が続くため車かタクシーで向かうのがおすすめだ。名称になっている「西行戻しの松」の由来は、鎌倉時代の歌人・西行法師(さいぎょうほうし)が、修業のため諸国を徒歩で巡っている道中の伝説からきている。西行が松の大木の下で休み、「月にそふ 桂男の かよひ来て すすきをはらむは誰が子なるらん」と一首詠み、そこにいた童子をからかったが、その童子に禅問答で敗れてしまった。童子は「松島は霊場で才人が多い。恥をかくより帰るが良い」とさとし、西行は道を引き返し松島へ行くことを諦めたという。そこから、里人たちがその一帯を「西行戻しの松」と呼び始めたと言い伝えられている。

柵内には石碑と松が立つ 柵内には石碑と松が立つ

夏には青々とした緑が前方に広がる 夏には青々とした緑が前方に広がる

さまざまな角度から絶景を望む

訪れる人のほとんどの目的は、箱庭のように一望できる松島湾の絶景だ。おすすめの展望スポットは3つ。公園の先端にある柵で囲った松の木の前。この柵前から望む景色がすばらしく、園内で海をいちばん近くに感じられる場所だ。公園駐車場近くの坂道を上ると広がるのが「松島展望台 白衣観音」。いちばん高台にあり、見晴らしが良い。広場には3段ほどの階段があり、そこから松島湾を一望できるようになっている。左手に松島海岸と福浦島を結ぶ朱色の橋「福浦橋(ふくうらばし)」が入り、海の青、松の緑、橋の赤とコントラストが美しい。松島のシンボル「五大堂(ごだいどう)」も眺められる。

写真撮影にもぴったりな松島展望台 白衣観音 写真撮影にもぴったりな松島展望台 白衣観音

「出会い橋」とも呼ばれる福浦橋を望む 「出会い橋」とも呼ばれる福浦橋を望む

春は桜と海の風景が広がる

園内の小高い丘もスポットのひとつで、ここからも多島美が堪能できる。東屋が設けられ、ひと休みにもぴったりだ。いずれの展望スポットも緑が生い茂る春や夏、紅葉する秋、真っ白な雪が積もる冬と、季節の移ろいによって表情が変わる。「西行戻しの松公園」は、松島きっての桜の名所として知られている。園内には約260本のソメイヨシノが立ち、例年4月中旬-4月下旬頃になると、桜の花が咲き誇る。薄紅色の桜越しに眺める松島湾は絶景で、花見をしながらの日本三景見物は、この公園ならではの楽しみだ。

桜の見頃には花見客で賑わう 桜の見頃には花見客で賑わう

スポット詳細

住所
宮城県宮城郡松島町松島犬田
時間
24時間
休業日
無休
料金
[入園料]無料
駐車場
あり
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          松島・塩竈エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました