NAVITIME Travel

日本こけし館

博物館/科学館

江戸時代末期(1804-1830年)頃に、椀や盆を挽く木地師達が温泉みやげ玩具として作り与えたものが始まりとされている「こけし」の、最も古くからの産地といわれている鳴子。この地に昭和50年(1975)「日本こけし館」は開館した。館内は全国こけし祭に奉納された こけし達の展示や、こけしのできる行程の紹介、ロクロの実演、鳴子一、数が揃う即売所などがある。JR鳴子温泉駅から車で約6分。

place

宮城県大崎市鳴子温泉尿前74-2 (鳴子・大崎・登米エリア)

phone 0229833600

日本こけし館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/21 日本有数のこけしコレクション
故深沢要さんのご遺族から寄贈されたこけしのコレクションはすごいです。展示室内で特に目を引いたのは、高松宮殿下秘蔵のこけしです。スキー大会をはじめ、故高松宮殿下は16回鳴子町に来られたそうです。その想い出の大きなこけしが大切に展示されているのが心に残りました。鳴子峡の近くの高台にあるので、冬場は閉鎖されます。
投稿日:2019/10/18 ジャパニーズアートやなあ
鳴子公園の高台にあり、峡谷的で立地もいいです。係員の接客もgoodです。又単なるコケシの展示ではなく、その制作過程もわかり、これはアートやなあと感じました。
彫刻と絵画を融合した土着のシンボリック作品と思いました。
投稿日:2019/05/04 こけしの歴史の展示
日本こけし館
鳴子公園の中にある。入館者は駐車場無料です。
入場料は350円、シニア割引あり(>65歳)。
中の展示は、こけしの種類別展示。
実演もやっているときあり。
買い物は、ちょっとした売店のみです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
宮城県大崎市鳴子温泉尿前74-2 [ 地図 ]
エリア
鳴子・大崎・登米エリア
電話番号
0229833600
時間
8:30-17:00
[12月]9:00-16:00
休業日
無休(1/1-3/31は休業)
料金
[入館料]大人320円、高校生160円、中学生110円、小学生80円
駐車場
有り

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          宮城 の主要エリア

          around-area-map

          東北の雄・伊達正宗を生んだ宮城県は、自然に恵まれた景勝地や歴史的な観光地など魅力にあふれた地域です。 三大都市圏からアクセスがしやすく、東北新幹線や飛行機、東北自動車道路などが利用できます。東京からは東北新幹線で1時間31分、名古屋や大阪から飛行機では仙台空港まで1時間10分です。 宮城県といえば、日本三景の松島が有名です。松島は景観もとてもきれいですが、国宝に指定されている「瑞巌寺」など、歴史的にも価値のある場所となっています。 他にも、国宝に指定されている「大崎八幡宮」、雄大な景観が楽しめる「蔵王連峰」、海と奇岩が織りなす自然の景観を楽しめる「三陸復興国立公園」など、自然と歴史が楽しめる県です。 ご当地グルメは牛タンをはじめ、松島で取れたカキをふんだんに使ったカキ丼や、すいとんに似た「つゆはっと」など、おいしいものがたくさんあります。

          関連する記事

          関連する観光コース

          宮城の写真集