NAVITIME Travel

本間家旧本邸と別館「お店」

歴史的建造物

出羽の豪商「本間家」の三代目当主・光丘が、幕府の巡見使一行を迎える宿舎として、明和5年(1768)に建てた武家屋敷である。武家造りと商家造りが一体となった全国的にも珍しい建築様式で、樹齢400年以上といわれる赤松が見事。

place

山形県酒田市二番町12-13 (酒田・鶴岡エリア)

phone 0234223562

本間家旧本邸の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/09/04 本間様は殿様より上!
藩だけでなく、地元、地域、日本に貢献した本間様。凄いです。建物は武家造りと商家造りの折衷ですが、大金持ちとしては質素です。
投稿日:2018/07/29 地主の豪邸
日本有数の地主であった、本間家の旧宅です。部屋ごとに釘隠しがが異なるなど、意匠を尽くしたお屋敷です。
投稿日:2018/07/23 庭園がすごい
庭園がすごい豪華でした。建物の中も大正ロマンな感じで素敵な雰囲気でした。喫茶時間は早くクローズしてしまうので注意が必要です。

おすすめ記事

詳細情報

住所
山形県酒田市二番町12-13 [ 地図 ]
エリア
酒田・鶴岡エリア
電話番号
0234223562
時間
9:30-16:30
[11-2月]9:30-16:00
休業日
無休(12月中旬-1月下旬、展示替え日は休邸)
料金
[入邸料]大人800円、中高生300円、小学生200円(本間美術館との共通入館券1,600円)
駐車場
有(20台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          山形 の主要エリア

          around-area-map

          山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

          関連する記事

          関連する観光コース

          山形の写真集