八幡平アスピーテライン(岩手県)

スカイライン等

八幡平高原の絶景ロードを爽快ドライブ

岩手県八幡平から秋田県までの約27kmを横断する、通称「八幡平アスピーテライン」。ブナ林を走り抜け次々と絶景が現れる、自然豊かなワインディングロードで、迫力満点の爽快ドライブを満喫しよう。

高地にあるため高い木が少なく、遠くまで見渡せる道が多い 高地にあるため高い木が少なく、遠くまで見渡せる道が多い

雪の回廊が有名な絶景ロード

岩手・秋田両県にまたがる自然豊かな雲上の楽園「八幡平」。その両県を貫くように横断する大更八幡平(おおぶけはちまんたい)線47.5kmのうち、旧有料道路区間の27kmを「八幡平アスピーテライン」と呼ぶ。冬期は通行止めとなり、通行止めが解除になる4月中旬から、ゴールデンウィーク前後まで、高さ5-8mにも及ぶ雪の壁が見られることでも有名。周辺には桜、新緑、紅葉と季節の訪れを感じられる見どころがたくさんあり、乗用車だけではなく日に何台もの観光バスが集まるほど。人気の理由は高い樹木や山が少なく、遠くまで壮大な景色を見渡せることや、周辺の名湯の存在も大きいだろう。また山頂付近のレストハウスは、駐車場とセットでトレッキングベースとなっているため、週末には車が入りきらないこともある。

雪どけシーズンには5m超の雪が、壁のようにたちはだかる雪の回廊が見られる 雪どけシーズンには5m超の雪が、壁のようにたちはだかる雪の回廊が見られる

開けた景色が多く、撮影ポイントやビューポイントもたくさん 開けた景色が多く、撮影ポイントやビューポイントもたくさん

晴れた日には鳥海山も見える

八幡平アスピーテラインの周辺は、どこに行っても見どころだらけ。範囲が広すぎて限定するのは難しいが、アスピーテライン上の見どころを2か所紹介しよう。ひとつは「源太岩(げんたいわ)展望所」。標高1260mにあり、カーブに沿って突き出した岩が折り重なる展望ポイント。ブナの樹海の向こうに岩手山を一望できる。もうひとつが「大深沢(おおぶかざわ)展望台」で、標高1560mにあるサンセットビュースポット。秋田駒ヶ岳に沈む夕日が美しく、晴れた日には山形県の鳥海山や月山まで見えることも。ほかにもアスピーテラインを走っていると、思わず引き返したくなるポイントがいくつも現れる。急がず慌てず心にも時間にも余裕をもって、思い立ったポイントすべてに立ち寄り、一日かけてじっくりと走破するのも一興だ。

源太岩展望所からは茶臼岳と岩手山がきれいに見える 源太岩展望所からは茶臼岳と岩手山がきれいに見える

雲が晴れていればこの先の山並みの向こうに夕日が沈む 雲が晴れていればこの先の山並みの向こうに夕日が沈む

名物のカレーを召しあがれ

せっかく八幡平アスピーテラインを走るのなら、無理せず休めるときに休憩ポイントでしっかりと休息を取ろう。オススメポイントの筆頭は「八幡平山頂レストハウス」。食事もとれるし、岩手・秋田両県の観光情報の入手や、特産品の購入も可能なマルチスポットだ。人気メニューは、岩手牛と牛すじ肉を煮込んだ、コラーゲンたっぷりでやや辛口の「源太カレー(900円)」。源太カレーと秋田名物の稲庭うどんを組み合わせた「源太カレーうどん(900円)」も注文が多い。空腹を満たしたら、周辺散策や温泉、ドライブなどで八幡平を満喫しよう。ただし、春や秋には夕方から朝にかけて通行止めになることもあるので、交通情報や時間配分にも注意をしておこう。

八幡平のドライブや散策など、さまざまなシーンでベースとなる八幡平山頂レストハウス 八幡平のドライブや散策など、さまざまなシーンでベースとなる八幡平山頂レストハウス

コラーゲンたっぷりで、スパイスの利いた源太カレー コラーゲンたっぷりで、スパイスの利いた源太カレー

スポット詳細

住所
岩手県八幡平市
時間
夜間通行止めになる期間あり、期間中17:00-翌8:30は通行止め
休業日
期間中無休(11月上旬-4月中旬は通行止め)
料金
無料
駐車場
あり(有料)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          八幡平・安比高原エリアのおすすめスポット

          岩手のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました